スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹原いろいろ巡り・其の六~本当のおかえりなさい~

エデンの海
IMG_3782_convert_20120225205532.jpg
クラーケンはいませんw

というわけで、忠海の方までやってきました。
正真正銘、祖母の出身地。
「あなたが生まれた町に ふらりと旅に出てみました」

海沿いのカーブ
IMG_3786_convert_20120225205627.jpg

みかん!
IMG_3787_convert_20120225205657.jpg

それから、黒滝山へ。
IMG_3788_convert_20120225205732.jpg

江戸時代の燈籠
IMG_3791_convert_20120225205813.jpg


IMG_3800_convert_20120225210032.jpg
池の鯉を狙うものの、ネットに阻まれていました。

「たまゆら」ではここまで登りました。
IMG_3802_convert_20120225210109.jpg

ちょうど電車が…!
IMG_3792_convert_20120225205851.jpg

突き進むフェリー
IMG_3801_convert_20120225205959.jpg



それから竹原に戻りました。
ももねこ様。
格好は気にしてはいけない。
IMG_3809_convert_20120225210706.jpg


以上です。
本当はもっといろいろ案内してもらったのですが、気力、体力、足の筋肉痛の問題でここまでとさせていただきます。
アップできなかった聖地については、1人で「たまゆら」を見返してみてニヤニヤしときたいと思いますw
とにもかくにも友人に感謝です。
おかげで楽しく有意義な時間を過ごせました。

最後に、友人と話していて思ったこと。
だいたいの人は問題ないのでしょうが、マナーについて。
観光地ではありますが、アミューズメントパークではなく普通に人が暮らしているようなところ。
気を付けなければいけないなぁと。
僕もそういう気持ちはあってもそれに適った行動が取れているかというと自信はないんですけどね。
ただ、そんなだいそれたことでもなく、1人1人がちょっとずつ、周囲に気を配ることができればそれで大丈夫なのではないかと思います。
「たまゆら」は特に、登場人物が他の人のことを思いやる場面が多い作品ですから、それが好きで竹原を訪れる人にできないことではないはずなので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。