スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカ娘フェラーリ@もてぎ戦(最終戦)

「たまゆら」のバナーを設置してみました。
一視聴者(録画だけど)として、広島県民としてささやかながら支援ということなので。

さて、ちょっと遅くなりましたがもてぎ戦。
イカ娘フェラーリの結果は14位。
最初にスルスルと順位を上げたと思ったら急に低空飛行になり終始そのまま。
何かおかしかったのかなと思ったら、やはり車の状態がいまいちだったみたいですね。
来月に富士でレースに出るみたいですが、SuperGTでの今季のレースはこれで終了。
果たして来季もイカ娘なのか、気になるところですね。
決まってるのなら教えて欲しいし、未定なら未定だと教えて欲しいw
来季もやるのなら、いい加減イカ娘フェラーリのことは「スポーツ」じゃなくて「イカ娘フェラーリ」として独立したカテゴリにしよう。

そしてこのレース、注目は何といってもシリーズチャンピオンの行方。
500はS-ROadで決まりって感じでしたが、300は初音ミクBMWかF458か蓋を開けてみるまでわかりませんでしたからね。
結果は初音ミクBMWが優勝し、シリーズチャンピオン争いでもポイントで逆転しました。
初音ミクBMWについては、イカ娘フェラーリを応援してる身としては同じ痛車として親近感はありましたがあくまで別物なので、当初はそれほどでもって感じでした。
僕が使ってるボカロはメグッポイドですしw
ちゃんと見るきっかけは谷口選手だと思います。
ちょっと勉強してすごい選手なんだというのは知りましたが、鈴鹿戦のスリックタイヤでの追い上げや、富士戦のスーパーラップ、オートポリス戦のスタートなど、目に見える形でそのすごさを見せてくれました。
もてぎ戦では予選でも決勝でも、インタビューでもかなり自信たっぷりというか周囲を煽るような感じで、いつも面白いことを言おうとしてはいましたが、またちょっと違うような印象でした。
そして、決勝でのゴール後の涙。
その瞬間、あのインタビューは自分にプレッシャーをかけてたんだなとわかりました。
シリーズチャンピオンは自身初ということみたいですし、絶対にこのチャンスをものにしないといけないという強い意思の表れだったのかもしれません。
それに、後から思えば、ああやって振舞うことによってチームの仲間を安心させようという考えもあったのかもしれませんね。
特に番場選手とか、谷口選手がビビってたら不安で仕方なくなるでしょう。
今回のレース、番場選手もきっちり自分の仕事を果たして男を見せましたが、僕としてはやはり谷口選手に尽きます。
自力でシリーズチャンピオンになるにはもてぎで優勝するしかないという極限の状況でそれを成し遂げたのは、彼の技術の高さのみならず精神面での強さがあったからこそだと思いました。
おめでとうございます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。