スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまこラブストーリー

今日は映画「たまこラブストーリー」を見てきました。
公開から1月ほど経っているわけですが、広島ではこれでも早く見た方なのですw

この映画はアニメ「たまこまーけっと」の続編にあたるわけですが、こちらを見ていなくても楽しめるとのこと。
当時見ていた僕にはそれが本当のことなのかわかりませんがw
まあ、見ていた方が楽しめるというのは確かですけどね。

まずはタイトル。
「劇場版たまこまーけっと」とかいう類ではなく「たまこラブストーリー」と変更してあります。
もちろん「たまこまーけっと」の続編ではありますが、名前を変えてあるだけに別物という意識も持つべきかなと思いました。
単に続きを作りたかったのではなく、「たまこまーけっと」の舞台を使って何かやりたいことがあったんだろうと。
個人的にはド直球に「ラブストーリー」というタイトルにしたのは客寄せとしてはマイナスな印象を受けました。
しかし、逆にいえば何かしらの覚悟の表れみたいなものとも思いました。
「たまこまーけっと」ではもち蔵がたまこのことを好きなのですがまったくもって進展する雰囲気がなさそうだったのに、一転して「ラブストーリー」ですしね。
そして、実際に直球勝負な映画でした。
あらすじだけ聞いて面白いと思う人は少数だろうなという感じの平凡なストーリー。
変化球で目先を狂わせるようなことをせず、ひたすら直球で押してくるというのはかえって意表を突かれた気さえします。
まあ直球の質が高ければわかっていてもなかなか打者が打てないように、この映画も丁寧に作られていてそれぞれのシーンの質が高いのでそれでも面白いと思えます。
というかむしろ意外性がない分こちらもある程度受け入れる準備ができていて、じっくり鑑賞できる感じです。
絵が綺麗ですし、仕草や背景で上手に人物の内面を描いています。
ストーリーに起伏がないのは、そういう人物の内面と僕たち見る側が向き合うのに良い方向に作用していると思いました。
たまこ、もち蔵、友人たちや家族、商店街の人たちそれぞれいい味を出していて、性別や年齢などによってどこに重きを置いたり感情移入するかも違ってきそうなのがまた面白いところ。

具体的なエピソードについてはここでは書きません。
検索すれば1度見ただけの僕なんかが書くのより詳しいのが簡単に探しだせますし、ネタバレも嫌なので。
なので曖昧な感想になってしまって申し訳ないですが、古き良き青春映画みたいな匂いがありました。
僕は生まれる前の作品なのですが原田知世の「時をかける少女」がお気に入りで何度も見ているのですが、見終わった後の自分の心の中の感じが似ている感じがしました。(似ている作品だとはまったく思いませんが)
むしろこういうのは今時はアニメの方がいいのかもしれませんね。
アニメだからこそのこの丁寧な仕上がりで、この味わいが作り出されているのだと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。