スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・タイガース復活!

沢田研二のライブに行ってきました。
毎年バックバンドを引き連れて全国ツアーを行なっている彼ですが、今年はちょっと違う。
ゲストという形で岸部一徳(サリー)、森本太郎(タロー)、瞳みのる(ピー)が出演。
60年代後半に一大ブームを巻き起こしたGS(グループサウンズ)の中でも1番の人気を誇り「GSの王者」と言われたザ・タイガースが全員とはいかなかったものの再結成となりました!
なので、今回は沢田研二(ジュリー)のソロ曲は封印。
コンサートのタイトルは沢田研二となっているものの、実質はザ・タイガースのステージとなりました。
例年以上の人気で、僕もチケットはどうにかヤフオクで手に入れた有様w
確かジュリーのコンサートは今年で3年連続3回目だったと記憶していますが、今年は入場する前から何かすごかったですw
ザ・タイガースのメンバーが揃うというレアさ(特にピーは40年ぶり)や、「相棒」などのドラマでよく見かけるサリーたち他(ジュリー以外)のメンバーの人気というのもあるんでしょうが、それだけでは説明できない何かを感じた気がします。
ファン層は例年だいたい60歳前後の男女と思われ(僕の親世代ですね)、長期に渡りトップスターであるためそれなりに幅広い世代にファンがいそうなジュリーですがこの辺りの層がメインらしい。
ちょうどその世代の青春時代がザ・タイガースということなんでしょうね。
彼らにとっては「勝手にしやがれ」を歌ってるジュリーも大好きなんでしょうが、ジュリーといえばやっぱりザ・タイガースということなのかもしれません。
青春時代の思い出ってのは強いなぁと、まあ勝手な推測なんですけど、その熱さみたいなものを目の当たりにした気がします。
彼らはその年齢にも関わらず、ずっと立ちっぱなしでノリノリだし、「シーサイド・バウンド」のときなんかあのステップをやったりしてひょろい僕なんかよりよっぽどエネルギーがありますね

今回も鉄人バンドは来てましたが、完全にサポート役。
まあ鉄人バンドにベーシストはいないのでサリーは自分でやるしかないわけですが、ピーもブランクを感じさせないアグレッシブなドラムでした。
タローがいつもギターソロをやるわけじゃないので、そのときに柴山さんや下山さんがわずかながら目立った程度でしょうか。
それにしても今までネット動画でしか見たことなかったけど、サリーのベースいいわぁヽ(*´∀`)ノ
「ザ・タイガース」というバンドの中心はサリーなんだなぁとしみじみ。

曲目はザ・タイガースのオリジナル曲はもちろんとして、当時披露してた洋楽のカバーも何曲か織り交ぜ、タローとピーのソロが1曲ずつでした。
個人的に聞きたかったリスト↓
・シーサイド・バウンド
・君だけに愛を
・落葉の物語
・モナリザの微笑
・シー・シー・シー
・青い鳥
・美しき愛の掟
これが全部聞けたし、「僕のマリー」「銀河のロマンス」「ラヴ・ラヴ・ラヴ」も
加橋かつみ(トッポ)がいないからないだろうと思ってた「花の首飾り」までありましたよ!

フルコース堪能したって感じで満足です。
これで初期メンバー5人がわだかまりなく揃ったらどうなるのか。
何とかならんかなぁ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。