スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎える前に

明日はいよいよドラフト会議。
どんな選手がカープに指名されるのか、期待や不安が入り混じります。

しかし、今回はその話題ではなく……。
ご存知のようにプロ野球の球団には支配下選手の数が決められています。
新しく選手を獲得するということは、その前に支配下選手の枠をあける作業をしなければなりません。

今年の戦力外通告。
1軍での活躍からするとやはり岸本が目につきます。
が、僕が気になったのは伊東。

今村や堂林と同じ年齢なのでちょっと早いようにも思えます。(これについては育成の山野もですが)
とはいえ、可能性がないと判断されたのでしょうからプロの世界では仕方がないことともいえるでしょう。
ただ、もともと可能性がなかったわけではないと僕は思っているので今回気になりましたし、またとても残念に思います。

高卒で入団し、ルーキーイヤーに2軍で観戦しました。
たまたまでしょうが僕が見に行ったときによく投げていました。
左腕で気迫を前面に押し出したピッチングが特徴。
投げる瞬間に声を出していたのは見に行った人なら覚えていることでしょう。(声を出すのは直球のときのみで、それで球種がバレないか疑問でしたw)
なかなか力のあるボールを投げていて、またコントロールもまとまっていました。
順調にいけば大きな矯正も必要とせず1軍で活躍できるのではないかと思っていたら、シーズン終盤に1軍に呼ばれて、そこでも高卒ルーキーとしては悪くない結果を出していました。

しかし、シーズンの終わりとともに故障。
実戦復帰は果たしましたが、結局元には戻らなかったのでしょうね……。
1軍で結構使い込まれた印象なので、正直それが故障を誘発したのだと思っています。
結果として若い芽を潰すことに……。
貴重な左腕の先発や気迫でチームを鼓舞できる中継ぎ、十分に可能性はあったでしょう。

いろいろ不確定要素があるでしょうから、入団した選手の全員に対して素質を限界まで伸ばすというのは理想論でしょうが、失敗したことの一つ一つを教訓にして新たな選手を育てて欲しいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。