スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ2015シーズン振り返り

ものすごく久しぶりに更新しますがw

兎にも角にもカープが残念ですね。
基本的にツイッターを使ってますがさすがに文字数的に無理なので今回はこちらで書こうかと。

優勝を期待されたシーズンでしたが結果はCSすら出られず4位。
まあ優勝については期待込みだったり、マエケンと黒田が揃うシーズンはおそらく今年だけなのでチャンスが今年しかないなど、多少下駄を履かせたうえでのものという人が多数派でしたでしょうが、それでもここまでダメな結果になると予想できた人はあまりいないでしょうね。


なぜこうなったのかについて、今更言うまでもなく監督でしょうね。
まずキャンプイン前から何かにつけて優勝と口に出し、当初は意気込みの現れという雰囲気でしたが黒田復帰後くらいから「優勝するぞ!」から「優勝できる」というようなニュアンスに変わっていった印象がありました。
結局これは余計なプレッシャーになっただけなのではと思います。

戦力については昨年より上がっていなければおかしい。
何しろ伸びしろの有る若い選手が多いうえに黒田復帰、新井も復帰当初は戦力として未知数でしたが層の厚さという点では大きいはずでした。
しかし、蓋を開けてみればこの結果。
怪我人については同情の余地もありますが、それだけで片付けられるレベルではないでしょう。
まず昨年についてはスタメンやベンチ入りの選手のみならず2軍の選手との入れ替えも含めて全員の力を使って戦えていた印象。
つまり手持ちの戦力を有効活用できなければ上記の上がり目も活きてこないわけです。
にも関わらず、今季の選手起用は監督が自分の信頼しているメンバーだけで野球をやろうとしているように見えました。
機動力野球を謳いながら赤松をなかなか1軍に上げなかったことがまず挙げられますね。
ある投手が何連投もしている一方で10日以上出番がない投手がいたりしたのも、試合展開上たまたまというだけではないでしょう。
九里はロングリリーフor敗戦処理という役割だったとはいえ開幕ローテを福井と争うほどの投手なので、場合によって登板過多のセットアッパーの代わりに投げさせることくらいできたはず。
長い目で見て負担を分散させるという観点に欠けていることや、客観的な能力の判断以上に信頼できるかできないかで選手の評価で差をつけてしまっているのだろうと思いました。
特に大瀬良については明らかに投げさせすぎで、ブルペン陣の運用の拙さが最後の試合で目に見える形となって現れたといえるでしょう。

野手は特に期待されていた選手の低調ぶりが目立ちました。
新井がいなければCS争いに加わることすら無理だったでしょう。
その新井も終盤になると前半の頃とは別人のようで、シーズン通して出続けるにはもうきついと言わざるをえない。
早めに休ませて調子を維持させるなどの配慮をすべきだったかなと思います。
丸や菊池は期待外れだし、打撃を買われて使われていた會澤も石原の方が打てているような有様。
相手が研究してきたというのもあるでしょうが……。
この辺り、揃いも揃ってとなると選手個人に責任がないとは言いませんが、キャンプでのチーム作りに問題があったと考える方が自然な気がします。
機動力を掲げ、練習もしているようでしたが実際は牽制で釣り出されてアウトになるシーンが目立ち、盗塁成功率も6割をわずかに超える程度。
何もしない方がマシなレベルでした。
あれだけ機動力を前面に押し出していたわけですから、仮に打撃面で多少成績が落ちたとしても盗塁や走塁でカバーできていなければおかしいのです。
それがむしろ足を引っ張っていたくらいの酷さなのですから、このチームはキャンプの間に一体何をしていたのかと疑問に思うのは当然でしょう。
また盗塁、走塁に関しては1塁と3塁のコーチも疑問。
昨年1塁コーチだった石井琢朗が3塁コーチになり、ランナーをホームまで走らせるかどうかの判断で不手際が目立ちました。
それが勝敗に直結した試合もありましたね。
それと盗塁の数字が昨年より悪化していたことと合わせると、早い段階で石井琢朗を1塁コーチに戻すべきだったでしょう。
盗塁の際に1塁コーチの影響がどれほどのものかはわかりませんが、少なくともこれでダメなら仕方ないと思えます。
守備もいい意味で目立ったのは堂林の上達ぶり(2軍でがんばったんでしょう、1軍ではなく)やルーキーの野間(ルーキーであれですから元から上手なんでしょう)あたりで、成長したなと思えるのは鈴木誠也くらい。一方、ショートのレギュラーの田中はエラーが多かった。
打撃以上に重視していた走塁や守備でこれですから、監督の采配が批判されているのをよく見かけますが、それ以前の段階で既に躓いていたのではないでしょうか。
挙句の果てに監督と打撃コーチの確執。
今シーズンの大事さはわかっているだろうに何をやっているのか……。

それと個人的に野間はもったいなかった。
守備走塁が既にあのレベルで、スイングも菊池のルーキーイヤーより余程良いと思います。
当初はスタメンにするつもりで1軍だったのでしょうが、それが苦しいとわかるとベンチ要員に。
この段階で2軍に落とすべきだったでしょうね。
やはり打席に立たせなければいけないです。
ルーキーのときの菊池を春先に2軍で見ましたが、2軍の投手の球ですら振り遅れ気味だったのが夏以降は1軍でもある程度やれるところまで対応できるようになっていました。
野間も少なくとも前半戦は2軍で打席に立たせるべきだったと思います。
後半戦では守備固めや代走として有用な野間は2軍に落とせない状況でした。
素質を見込んでいるなら尚更しっかりと段階を踏んで経験を積ませてあげることが大事なのではないでしょうか。
この辺り、選手を実力+期待で判断するのは普通だと思いますが、戸田の使い方といい緒方監督はその判断基準で期待の比重が高すぎると思います。
それが結果として、緒方野球が現状を把握できず理想を押し付けているように見えている要因かなと思います。

来季、(高の方がいいと思うのですが)また監督をやるというのなら、采配面での反省も必要ですが、チームの現状をしっかり把握して何が足らないのか何が必要なのか客観的に見つめなおし、それに自分がアジャストすること。
来季の編成があまり期待できない以上、これができないと暗黒時代待ったなしの可能性も決して少なくないと思います。
あと畝と幹英の役割を代えて欲しいです。
昨年と今年はノムケンが抜けて迎が入ったくらいの違いしかないのに役割は結構変わってるんですよね。
新しい仕事に慣れないといけない人があれだけいて、新人監督をサポートしながら優勝を目指せるコーチ陣だったのか……。
スポンサーサイト
プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。