スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまこラブストーリー

今日は映画「たまこラブストーリー」を見てきました。
公開から1月ほど経っているわけですが、広島ではこれでも早く見た方なのですw

この映画はアニメ「たまこまーけっと」の続編にあたるわけですが、こちらを見ていなくても楽しめるとのこと。
当時見ていた僕にはそれが本当のことなのかわかりませんがw
まあ、見ていた方が楽しめるというのは確かですけどね。

まずはタイトル。
「劇場版たまこまーけっと」とかいう類ではなく「たまこラブストーリー」と変更してあります。
もちろん「たまこまーけっと」の続編ではありますが、名前を変えてあるだけに別物という意識も持つべきかなと思いました。
単に続きを作りたかったのではなく、「たまこまーけっと」の舞台を使って何かやりたいことがあったんだろうと。
個人的にはド直球に「ラブストーリー」というタイトルにしたのは客寄せとしてはマイナスな印象を受けました。
しかし、逆にいえば何かしらの覚悟の表れみたいなものとも思いました。
「たまこまーけっと」ではもち蔵がたまこのことを好きなのですがまったくもって進展する雰囲気がなさそうだったのに、一転して「ラブストーリー」ですしね。
そして、実際に直球勝負な映画でした。
あらすじだけ聞いて面白いと思う人は少数だろうなという感じの平凡なストーリー。
変化球で目先を狂わせるようなことをせず、ひたすら直球で押してくるというのはかえって意表を突かれた気さえします。
まあ直球の質が高ければわかっていてもなかなか打者が打てないように、この映画も丁寧に作られていてそれぞれのシーンの質が高いのでそれでも面白いと思えます。
というかむしろ意外性がない分こちらもある程度受け入れる準備ができていて、じっくり鑑賞できる感じです。
絵が綺麗ですし、仕草や背景で上手に人物の内面を描いています。
ストーリーに起伏がないのは、そういう人物の内面と僕たち見る側が向き合うのに良い方向に作用していると思いました。
たまこ、もち蔵、友人たちや家族、商店街の人たちそれぞれいい味を出していて、性別や年齢などによってどこに重きを置いたり感情移入するかも違ってきそうなのがまた面白いところ。

具体的なエピソードについてはここでは書きません。
検索すれば1度見ただけの僕なんかが書くのより詳しいのが簡単に探しだせますし、ネタバレも嫌なので。
なので曖昧な感想になってしまって申し訳ないですが、古き良き青春映画みたいな匂いがありました。
僕は生まれる前の作品なのですが原田知世の「時をかける少女」がお気に入りで何度も見ているのですが、見終わった後の自分の心の中の感じが似ている感じがしました。(似ている作品だとはまったく思いませんが)
むしろこういうのは今時はアニメの方がいいのかもしれませんね。
アニメだからこそのこの丁寧な仕上がりで、この味わいが作り出されているのだと思いました。
スポンサーサイト

ダブルヘッダー

5月初更新ですねw
カープの試合は見ていたのですが、他のことに気を取られていてブログを更新する作業が疎かになっています。

さて、タイトルの由来は僕が今日、昼に2軍をマツダスタジアムで、夜は1軍をテレビで観戦したことから。
結果だけいえばどちらも快勝!
アムロ・レイではありませんが「こんな嬉しいことはない」と言いたいくらいです。

まず2軍。
両チームともに高橋と鈴木を起用するゲームとなりました。
先発は野村。
仕事の関係で2回表からの観戦。
気候が良い季節のよく晴れた日に屋外天然芝の球場でデーゲームなんて最高のシチュエーションでした。
それで贔屓チームが勝ったわけですから言うことなしです。

野村は8回1失点。
文句なしの結果を残しました。
内容については、コントロールが改善した様子なのが大きいです。
だいたい倉の構えたところに投げることができていたと思います。
気になったのは、外野に飛ばされることが多かったこと。
本来はもっとゴロを打たせないといけないところで、これが1軍相手のときだったらどうなっていたのか?
まあ今日の相手の中日打線も2軍レベルでは強力な選手が並んでいるので、1軍でもそう大火傷するようなことはなさそうですが。
現状でも十分に上で試す価値のある投球だったと思いますが、交流戦で日程的に余裕ができるので、この機会を活かして急いで上げることはせずに不安のない状態にするのを優先するのがいいのではというのが個人的な意見です。

打線の方は見事に10点取りました。
出てくる選手の打率を見ても2~3年前と比べて層が厚くなり楽しみな選手が増えてきたのが実感できました。
ロサリオいいですねぇ。

やはり気になるのは栗原ですが、2安打2打点と活躍。
しかし、この結果ほどの内容ではなイカなと。
ヒットも1本はポテンヒット、体の開きは相変わらず早く、インコースのボールに対しての腰の引き方も過剰に見えました。
それでも点が絡むところで結果は出すあたりはさすがという感じでしょうか。

あと、美間は力強くて面白そうな選手ですね。

気になっていたのはこの選手。
Bnwg6MkCQAEbSYd.jpg
高橋です。
打点は稼いだものの、今日の結果はちょっと残念。
しかし、鋭いスイングは魅力。
もう1回り体が大きくなって経験も積めば上でも期待できる予感。

それにしても、倉のホームランが見れるとはw


で、夜は1軍。
大瀬良-一岡のカピバラリレーで勝利。
相変わらず大瀬良はすごい。
ストレート中心の投球であれだけやれるのは大したものです。
一岡は圧巻でしたね。
本当に見ていて気持ちのよい投手です。

打線も上位打線が機能し、左投手対策の小窪もホームランで期待に応えてくれました。
デスノート砲が上昇気配なのは頼もしいです。
しかし、特打ち→ホームランと即結果が出るとは野村監督の直接指導の効果には驚くばかりです。

逆に巨人は何か歯車が狂っていた印象。
負けは負けで、さっさと阿部を休ませて小林に経験を積ませたらいいのにと父と話していたのですが……。
もしかして監督が1番浮き足立っているのではと思ったり。
とはいえ、明日は菅野登板。
そうそう打てる相手ではないですが、こちらもマエケンですしともかくリードさせないようにできれば……。
守りで粘る力はカープの方が上のはずですし。

さて、おまけ画像で締めますw
BnwhCvWCUAAqEHQ.jpg
プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。