スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013憧憬の路

竹原の憧憬の路に行ってきました。
果たしてカテゴリがアニメでいいのか激しく疑問なのですが、昨年のがアニメになっていたので今年も。

ちなみに↓が昨年
http://gate3.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

竹原が舞台のアニメ「たまゆら」の聖地巡礼系は↓
http://gate3.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
これは長いのでいくつかに分けたのですがアップ時の都合上順序が逆になるようにアップされています。


まずはやってきたということで駅の写真をと思いましたが、考えることは皆同じなので割り込めそうもなくw
まあ初竹原ではないので必要ないですしね。

まずはまだ日が出てるうちにウロウロ。
ももねこ様カラーになった商店街。
IMG_4445 (800x533)

しかし、使われていないスペースもある模様。
「たまゆら」で増えた観光客にお金を落としてもらうだけでは厳しいか。
せっかく増えた観光客にアニメ云々ではない竹原本来の良さも知ってもらってリピーターになってもらう方向でどうにかならないものか。
日本酒とか日本酒とか日本酒とか。
IMG_4446 (800x533)

ももねこ様像。
ハロウィン仕様。
IMG_4447 (800x533)
IMG_4448 (800x533)

電線に被って見えにくい場所に鎮海山砦が見えます。
IMG_4449 (800x533)

道の駅にて。
とりあえず、かなえ先輩可愛い。
IMG_4452 (800x533)

町並み保存地区に到着。
定番のカット。
IMG_4455 (800x533)

竹鶴酒造。
大事な目的地の一つです。
IMG_4457 (800x533)

小京都っぽい感じを目指してみました。
IMG_4459 (800x533)

「たまゆら」の「ほぼろさん」のモデルになったお好み焼き屋さんの隣の醤油醸造所。
こっちは「たまゆら」の聖地ではないのですが、「時をかける少女」の聖地だったりします。
IMG_4461 (800x533)

普明閣。
下から。
IMG_4465 (800x533)
上から。
IMG_4466 (800x533)
海側を。
IMG_4467 (800x533)
柱で逆光を防ぐ作戦。
IMG_4469 (800x533)

かぐや姫?
IMG_4475 (800x533)


いよいよ点灯!
IMG_4481 (800x533) IMG_4483 (800x533)

IMG_4484 (800x533) IMG_4486 (800x533)

かぐやパンダ。可愛い。
IMG_4487 (800x533)

竹原やっさっさ流し踊りというらしい。
IMG_4489 (800x533)

碁盤!
IMG_4491 (800x533)

本格的に暗くなってきました。
もはやコメントは不要でしょう。
昨年ブレブレだったリベンジで三脚を導入してみました。
IMG_4490 (800x533) IMG_4492 (800x533)

IMG_4497 (800x533) IMG_4499 (800x533)

IMG_4500 (800x533) IMG_4503 (800x533)

IMG_4504 (800x533) IMG_4505 (800x533)

IMG_4509 (800x533) IMG_4511 (800x533)

IMG_4514 (800x533) IMG_4518 (800x533)

IMG_4523 (800x533) IMG_4524 (800x533)

IMG_4526 (800x533) IMG_4527 (800x533)

IMG_4531 (800x533) IMG_4532 (800x533)

IMG_4533 (800x533) IMG_4534 (800x533)


それにしても、これを書いてる今は足が痛いw
歩いた量も多かったかもしれませんが、お土産を早めに確保したために負担重量が増えたのも。
でも、アニメ好きの上司に約束したものがあったのと、今日は半休(ブレーブスではありません)をいただいたので同僚の仕事量を増やしてしまったこともあり、お土産無しは自分の中ではありえない話。
しかし、観光に来たのか日本酒の仕入れに来たのか筋トレに来たのかw

昨年もですが、今年も人が多かったです。
確か来週「たまゆら」のイベントでまた竹灯りをつけると聞いていたのでもっと分散するかと思っていたのですが、天候が良かったことも影響したのか、結果的に舐めてましたね^^;
まあええことよ。
通りすがりに、いわゆるオタクじゃなさそうな人(家族連れとか老夫婦とか)から「たまゆら」という単語が聞こえたことが何度かあったので、NHKで昼にやったのは効果があったのかもしれないですね。
ただ「たまゆら」の範疇だけで終わってしまうのはもったいない場所でもあります。
高校生が主役のアニメだけあって日本酒が出てこないですしw
スポンサーサイト

今日はプロ野球ドラフト会議。

カープの1位指名は投手の大瀬良大地。
大学生投手では1番の目玉。
予想通りの競合でしたが見事にくじを引き当てました!

先発投手の5番手以降を用意するのが急務のカープにとってもっとも欲しい選手を指名できたといえるでしょう。
テレビで見る限り爽やかで性格も良く、素直に応援したくなるタイプの人だと思いました。

また彼は高校時代の今村のライバル。
同じ球団に入るというのは楽しみですね。
僕は来年ちゃんと調整して今村は復活すると思っているので、大瀬良-今村のリレーで勝つシーンが見られるんじゃなイカと期待しています。

しかしなんといってもくじを引いた田村恵スカウト。
追い続けてきた選手を最後に自分の手でというのはどういう心境だったのか、ちょっと想像しかねます。
何しろ自分で結果をどうこうできないことですから、さぞかし怖ろしい瞬間だったことでしょう。
くじを当てたときの喜び方やインタビューの受け答えなど、つい感情移入してしまいましたw

高校時代のライバル、見続けてきたスカウトと何か縁を感じるような気がして、評判の高さのみならず期待を掛けてしまうところですが、一喜一憂せずに温かく見守りたいなと思います。

迎える前に

明日はいよいよドラフト会議。
どんな選手がカープに指名されるのか、期待や不安が入り混じります。

しかし、今回はその話題ではなく……。
ご存知のようにプロ野球の球団には支配下選手の数が決められています。
新しく選手を獲得するということは、その前に支配下選手の枠をあける作業をしなければなりません。

今年の戦力外通告。
1軍での活躍からするとやはり岸本が目につきます。
が、僕が気になったのは伊東。

今村や堂林と同じ年齢なのでちょっと早いようにも思えます。(これについては育成の山野もですが)
とはいえ、可能性がないと判断されたのでしょうからプロの世界では仕方がないことともいえるでしょう。
ただ、もともと可能性がなかったわけではないと僕は思っているので今回気になりましたし、またとても残念に思います。

高卒で入団し、ルーキーイヤーに2軍で観戦しました。
たまたまでしょうが僕が見に行ったときによく投げていました。
左腕で気迫を前面に押し出したピッチングが特徴。
投げる瞬間に声を出していたのは見に行った人なら覚えていることでしょう。(声を出すのは直球のときのみで、それで球種がバレないか疑問でしたw)
なかなか力のあるボールを投げていて、またコントロールもまとまっていました。
順調にいけば大きな矯正も必要とせず1軍で活躍できるのではないかと思っていたら、シーズン終盤に1軍に呼ばれて、そこでも高卒ルーキーとしては悪くない結果を出していました。

しかし、シーズンの終わりとともに故障。
実戦復帰は果たしましたが、結局元には戻らなかったのでしょうね……。
1軍で結構使い込まれた印象なので、正直それが故障を誘発したのだと思っています。
結果として若い芽を潰すことに……。
貴重な左腕の先発や気迫でチームを鼓舞できる中継ぎ、十分に可能性はあったでしょう。

いろいろ不確定要素があるでしょうから、入団した選手の全員に対して素質を限界まで伸ばすというのは理想論でしょうが、失敗したことの一つ一つを教訓にして新たな選手を育てて欲しいと思います。

ついに開けた

使途に困っていた中尾醸造の「幻」
母に「馬鹿なこと言ってないで飲め」(要約)と言われたので結局普通に自分で飲むことにw

ちなみにこれを購入後の流れ
・カープがCSで1勝もできず敗退
・竜王戦第1局で渡辺竜王が負ける(僕は渡辺ファン)
・サンフレッチェが横浜F・マリノスとの首位決戦で敗れる
・王座戦第5局で新王座誕生を期待したが中村太地六段敗退

まあ無関係だとは思っていますが、今はこの酒を早く空にしたい気持ちでいっぱいです。

これにて終了

もはや何も言うまい。
お疲れ様でした。
ここまでこれただけでもありがたいことだったんだし、そういう気持ちを忘れてはいけないな。


さて、問題は祝杯用に買った中尾醸造の「幻」のこと。
眺めてると飲みたくなってくるけど、祝杯のためのものを終わったからといってすぐ開けるというのは筋じゃないと思うわけで。
何か有効活用したいところだが。

うーん

うーん、昨夜「辛抱強く」と書きましたが、そういう展開にはならなかったですね……。
それと、ルーキーにとってはシーズン終了から今日までの期間は試合勘とか以上に疲労を取る効果が大きかったのかもしれません。

とりあえず、見届けるのみですね。

明日こそ!

仕事帰りに中尾醸造の「幻」を購入。
旨酒を酌み交わす準備は完了。
名前としては「本州一」の方がいいかとも思いましたが、僕の買う酒の銘柄で勝敗が決まってたまるかとw


しかし、まさかコーチのミスで終わるとは……。
菊池もしくは次のキラが凡退ならまで受け入れやすかったのですが。
これまで何度もお目にかかった永田コーチのミスですがあそこで出るとは。
まあ、ああいう場面だからこそなのかもしれませんが。

とはいえ、あれがなかったら同点とか逆転とかいうことではない(次のキラが打つ保証はどこにもないわけですから)ので、あのせいで負けたわけではないですね。

まずは大竹。
結果は十分でした。
6回2失点なら勝敗に関わらず批判される数字ではないと思います。
ただ、それを考慮しても坂本にホームランを打たれたのだけはいけないですね。
まったく打てそうになかった坂本に、一発だけは避けないといけない場面でその一発を打たれてしまったのですから。
ゲームの勝敗の分岐点としても、翌日以降の試合への準備としてもこれは手痛い。
本当にあそこだけ。
4回のピンチも1試合の中でああいう場面は巡ってくるもので、むしろよく1点で凌いだと思います。

横山はかわすようなピッチング自体は別にダメだとは思いませんが、ボールが弱気になっていた印象。
強気で向かっていくのが本領のピッチャーだと思うので、かわしにいくとしてもそういう意識があれば結果は違ったものになったのかも。

そして打線。
結局エラーでもらった2点だけ。
チャンス自体は作れていただけに、どこかでしっかり点に結び付けられていれば……。
思えば初回で菊池にバントをさせなかったところから少しずつズレていたのかもしれないですね。
あと、打順は1~4番までは動かさない方が良かったような……。
梵の後にキラというのが、梵が活きていい並びだと思います。
しかし、広瀬は……。
短期決戦において今の広瀬が使うに値する状態には見えませんでした。

それにしても、キラって左投手の方が打率が良かったんですねぇ。
左は苦手な印象だったのでびっくりしました。
いわゆる「左殺し」タイプが打ちづらいだけで、左手で投げてくるだけなら苦にしないということでしょうか?

あと、菊池はすごいですねぇ。
守備やバントの記録が目立ってますが打撃の成長も著しいです。
シーズン序盤は内野フライを量産していましたが終盤になるとそういう場面はめっきり減り、CSでは本当によく打っています。
エラーが後半戦で大きく減りましたし、半年の間に好守に渡って大きく進歩しましたね。
今は走攻守すべてにおいて相手にとって脅威なのではないでしょうか?


さて、明日は予想ではエースのマエケンですね。
もともと分が悪いところで今日を落としてしまったので、ますます明日は負けられません。
まあこちらとしてはとにかく応援するのみ。
「もし負けたら」なんて思いません。
負けても悔しがればいいだけの話ですw
本気で悔しがることができることなんてそうそうないですしねぇ。
と言いつつ、望むことは勝敗よりもとにかく辛抱強く戦って欲しいです。
勝ってるときは勢いだとか言われていて、それを否定するつもりはありませんが勢い任せですべてうまくいっていたわけでもなく、むしろうまくいってないときに辛抱強く守ったりチャンスを作り続けたりしていました。
気持ちを切らさず辛抱強くプレーし続ければ、巨大戦力の巨人相手とはいえ簡単に土俵を割るようなことはないはずですと僕は思っています。
そして、明日こそ「幻」を飲みたいですw

ファイナルステージ進出!

昨日は西条酒まつりに行っていたためカープの試合は見れず。
記念すべき初CSだったのですが^^;
まあ見れなかった代わりに友人たちと祝杯をあげてきましたw


そして今日。
まずはスタンドの赤さに驚く。
何か雰囲気を感じてこれだけで感動するくらいです。

試合は先制されて苦しいかと思いましたが、そこからのバリントンの粘りは見事。
野手陣も守備で助けました。
特にエルドレッドの好守は阪神に流れが傾きそうなところへ待ったを掛ける大きなものでした。

攻撃は序盤はチャンスを潰してしまっていましたがキラの同点打から逆転に成功。
メッセンジャーは調子が良さそうで特にストレートがそう打てる感じには見えなかったので、そのメッセンジャーを引きずりおろしたのは今のカープのすごさですね。

その後は勢いに乗って点差を広げていきました。
欲しいところで追加点が取れたのは相手の気を削ぐ意味でも効果的でした。
特に梵が躍動していましたね。
打撃も走塁も随所に神がかっていました。

最後はミコライオが桧山に被弾と引退の花道を飾る形になってしまいましたが、元カープの新井を三振に仕留めて勝利。
何というかドラマみたいな試合でした。
新井は優勝したいとカープを出て行ったわけですが、優勝できず、CSでもファイナルステージへ進出したこともなく、カープが先へ行ってしまいましたね。
そして阪神はエースの能見を使うことなく敗退……。


今のカープはチームの一体になってる感がすごいですね。
野球というのはピッチャーとバッターの1対1の形が基本ではありますが、個人ではなくチームで戦えてます。
さらにファンも一緒になって相乗効果ですごい力を生み出してるような印象。
そういう状態だからしっかり集中できてて好プレーが出る。
梵のライトへのヒットをライトが捕球に手間取る間に二塁打へ→マートンの捕球態勢の甘さを見てタッチアップ→バッテリーエラーで生還という一連のプレーは両チームの差がもっとも顕著にあらわれた場面だったかもしれません。
ただ、永川とミコライオのところで差を詰められたのは反省点。
勝って兜の緒を締めよ。
最後まで気を抜けないという教訓にして次の試合へ臨みたいところですね。

ついにこの日が

とうとう前田引退の日が訪れましたね。
野球を見るようになってからずっと活躍していた選手。
何ともいえない気持ちとともに、未だに実感が湧かないです。

追い込まれても当てにいかずしっかりとスイングして、それでいて高打率で三振が少なく、バットも折らない選手はそうそういません。
大怪我をした後の活躍しか見ることはできなかった僕ですが、それでもすごい選手でした。

初めて野球観戦に行ったときのこと。
旧市民球場で、先発が高橋建と巨人の上原。
生で見るピッチャーの球はテレビで見るよりもずっと速く、しかも投げているのは巨人でバリバリのエースをやっていた上原ですから、その球を鮮やかに打ち返す前田に感嘆したのを覚えています。

以来、ずっと期待を込めて見続けてきました。
打ったらさすが前田、打てなかったら前田でダメなら仕方ないという感じで。
昨シーズン前半の、エースやリリーフエースから代打で出てタイムリーを打っていたのもすごかったです。
後半、消化試合のチケットをもらって生でヒットを見ることができたのもいい思い出です。


今日の試合は中日の選手も気を遣ってくれて、カープは負けてしまいましたが温かい試合でした。
引退セレモニーはマエケンでもらい泣きしてしまいましたw

まだ前田のいないカープというものがイメージできないのですが、それでも「お疲れ様」と「ありがとう」ですね。
プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。