スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見事逆転

昨夜のカープは見事な逆転勝ち!
興奮しました。

打った人はみんな素晴らしいですが、特に先頭の梵が出塁したこと、そして、結果の出ていないルイスがしっかり四球を選んだところがポイントだったかなと。
ルイスはすごく集中してる雰囲気でした。
逆にあの回の丸は残念。
ルイスみたいにしっかりとボールを見ていけばよかったのに、自分で決めようという意識が気負いになっていたのか、見送るべきボールに手を出していました。
それにしても、エルドレッドは当たればよく飛びますねぇ。
届かないボールまで手を出して空振りする悪癖さえなければすごいんでしょうけど、それができているなら日本には来ていないかw
ただ、あの手のバッターには迂闊にストライクを投げられませんから、じっくり見極められるのが相手には嫌なことだと思いますが。

中継ぎ陣が不安なのでソコロビッチ(最近2軍でも出てないけどどうしてだろう)を上げるために外国人野手をどちらか落とした方がいいのではと思っていましたが、昨夜の活躍を見てしまうとエルドレッドは簡単に諦められませんね。
ルイスも結果は出ていませんがいい選手だと思いますし。

武内は5回4失点。
ブランコのホームラン以外は及第点と言ってもいいのでは?
あの1球だけは避けてもらいたかったですが、まあそこは武内だけでなく白濱の課題でもあるかと思います。
その他の部分については、そりゃあ挙げればいろいろあるんでしょうがすぐに直せるものでもないでしょうし、とりあえずは持っている力を出してくれたことを評価して、その上で避けることができたホームランを改善して欲しいかなと。
コンスタントにあれくらいやってくれるなら先発の頭数が不安な今、非常に助かります。
まあ登録抹消されるみたいですが^^;

今日は好調の巨人が相手。
どうなることか……。
スポンサーサイト

スーパー中西タイム(ウエスタンリーグ)

今日はマツダスタジアムへウエスタンリーグの試合を見に行ってきました!
P4120051 (800x600)


相手はソフトバンク。
これがスタメンです。
P4120052 (800x600)
寺原、吉村、田上となんとも豪華なメンバー。
2軍でもこのネームバリューとはさすがはソフトバンクといったところか。
まあこの球場で試合をする以上、1番恐ろしいのはこの3人ではないのですが。

一方、カープのスタメンには上本、高橋、鈴木誠也とルーキーが3人。
初めて見るので楽しみです。

試合の方は投手戦の模様。
しかし、3回に突如武内の制球が乱れてピンチに。
ここで迎えるバッターが中西。
毎年ここへ2軍の試合を見に来ている人は嫌な予感がしたのではなイカと思います。
マツダスタジアムでの中西はどういうわけかよく打つのです。
僕はカープ戦でしか見る機会のない選手ですが、統計を取ったらきっとこの球場が1番打ってるに違いないと勝手に思っていますw
そして、案の定(?)マツダスタジアムの鬼、中西にタイムリーを打たれて2点を先制されてしまいました。
結局おかしかったのはこの回だけで、あとはしっかり踏みとどまっただけにもったいない。

カープ打線の方は寺原(3回で引っ込んだ)はまあ仕方ないとしても、後続の有馬、清水、仁保からも点を取ることができず。
0-2で負けてしまいました。
正直、有馬と清水は対左用という感じでしかも1軍でやっていけるほどすごいとも思えず。
それなのに天谷と土生以外は右バッターが並んだオーダーであっさり抑えられてしまったのは残念です。

これが最終的なスコアボード。
P4120059 (800x600)
カープの7、8、9番にありふれた名字が並んでいますね。
しかし、意外にも僕には鈴木という名字の知り合いがいない(どうでもいい)。


高橋
P4120055 (800x600)
寺原相手のときは向かっていっている印象だったのですが、あとの打席では中途半端なスイングが目立った。
当然ではありますが、攻守にわたってまだまだ。

鈴木誠也
P4120057 (800x600)
こちらもまだこのレベルに対応できていない感じ。
ショートを守っていましたが肩は強そうでした。

写真はありませんが上本。
守備は安心して見ていられます。
打撃の方も大卒なのでそう辛抱することもなさそう。
菊池や安部が調子を落としたときにチャンスがあるかもしれません。

やったー!

父がチケットをもらってきたので、今日はマツダスタジアムへ観戦に行きました。
ねんがんの赤いユニフォームを手に入れた!

試合は1-0で何とか勝利!
ようやくの今季初勝利となりました。
生で見れてよかった(*^_^*)

何といっても投手陣の頑張りでしょう。
バリントンの踏ん張り、そしてついに本来の役割が回ってきた勝利の方程式。
最小リードだっただけに石原の肩での援護も大きかったですね。

打線の方は赤川の制球が悪かったのでヒットだけでなく四球でもチャンスを作ることができていましたが、1点のみ。
栗原が痛かった。
どれもいい打球だったにも関わらずことごとくアウト。
しかし、結果だけ見れば今までと変わらないようにも思えますが栗原の存在はやはり心強いと感じました。



では、写真を。

スラィリー。
P4040025 (800x600)

石井琢朗。
P4040028 (800x600)

打席の堂林。
P4040030 (800x600)

塁上の堂林。
P4040031 (800x600)

つば九郎。
P4040033 (800x600)

今村。
P4040038 (800x600)

ミコライオ。
P4040041 (800x600)

勝利後のハイタッチ。
P4040042 (800x600)

ピンクのスラィリー。
P4040047 (800x600)

いつ使うのか?

「今でしょ!?」というネタを思い浮かべた人も多かったでしょう今日の試合。

あれほどのチャンスがありながら追いつけないとは……。
最後に3点返したのも、形作りみたいなものですね。

疑問なのは7回の攻撃。
ノーアウト2塁のチャンスを作りながら、無得点。
それまでのチャンスは選手にどうにかしてもらうしかないところでしたが、ここはベンチワークも絡めて得点の確率を上げることができるところでした。
投手に打席が回ってきたのでここでの代打が最初の勝負手となります。
左投手の村中ということで、栗原の登場に期待がかかるところです。
が、打席に入ったのは鈴木。
そしてバント。
すでに得点圏にランナーがいるので、後続の打者にヒット1本打ってもらってランナーに生還してもらうのが正攻法。
まあヒットでも一気に生還できるとは限らないので、バントも一概に悪いとは言えません。
次の打者は菊池。
期待の若手ですが、ここで頼りになる選手かと問われると微妙なところです。
まずパンチ力はあるにしても長打を打つタイプではないので、「最低でも犠牲フライ」という打撃を望みにくい。
それに、1番菊池、2番丸というのは菊池の思い切りの良さを活かすためと聞きましたが、逆にいえば場面に応じた器用な打撃ができないということでもあります。
ヒットを打ってくれれば問題はありませんが、どうしてもここで1点を取らなければならない場面となると栗原>菊池でしょうし、この打者で確実に点を取るための鈴木の送りバントだったはずです。
しかし、菊池はランナーを返すことができず……。

次は今日3打席連続安打の丸。
当たっている以上は代えられません。
ただ、3本打っているので4本目も打ってくれるだろうというのは甘すぎるわけで、いい当たりでしたがセンターフライに終わりました。

とまあ、なんと使いどころなはずの栗原を使うことなく攻撃終了。
今朝の朝刊ではスタメン起用もありうるというようなことを書いてあったので状態が上がってきているのかなと期待していましたが、どれだけ調子が良かったとしても試合に出られなければ関係ないですね。


栗原なら確実に点が取れていたなどとは思いませんが、勝つ気があるのか疑問な采配。
そんなに育てたいのなら2軍監督でお願いします。
というか安部も育ててください。
菊池の代打で栗原で、次の守備から安部でいいじゃん。
プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。