スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘傅

タイトルは「ひでん」と読みます「傅」は「伝」の旧字体。

今日は昨日飲みきってしまったのでウイスキーがなく、母もあれがないこれがないと言うので僕が買い出しに出かけました。
スーパーで必要なものを買ってやまやに寄っていつものニッカを買って帰ろうと思ってたのですが、何となく日本酒のコーナーも覗いてみました。
まあせっかく来たので買わないにしても何があるのか見ておきたいと思ったんでしょうね。

で、見つけたのが竹鶴の「秘傅」です。

竹鶴   純米酒 秘伝 1800ml竹鶴   純米酒 秘伝 1800ml
()
竹鶴

商品詳細を見る

やまやで竹鶴の日本酒を見つけたのは初めてだったので、驚きました。
そして、値段も手頃だったので購入。
これが最後だったのか、そもそもこれしか入荷していなかったのかは知らないですが、お店にあったのはこれ1本。
竹鶴は2月に竹原観光して以来気になっている酒蔵なので、期待を持っての帰宅です^^

というわけで早速飲んでみたのですがやはりいいですねぇ。
色がついててまろやかで酸味があって……。
無色透明のすっきりしたものとは違う、癖がある感じ。
この癖というものが自分にとって愛せるものかどうかですよ。(これは人も同じかもしれませんねぇ)
それがあるから大事に飲もうと思えます。
と言いつつ晩酌の間に720mlあったうちの半分はなくなってしまいましたがw
スポンサーサイト

久々の

今日はチケットをいただいたのでマツダスタジアムへ行ってきました。

写真をアリバイがてらにアップw
SBSH0095.jpg
本当は食べたものとかも撮ればよかったんでしょうけど、そもそも写真を撮る気があまりなかった……。

巨人戦ということで過度な期待はせず、写真でわかるように3塁側なので応援に煽られることもなくゆったりと観戦しました。
チケットをくれた友人やその友人としゃべったりして、試合はともかく楽しかったですね。

まあその試合自体も見れるものだったとは思うのですが、やはり負けパターンのような試合でしたねぇ。
先制され、追いついた直後に突き放され……。
あの打線の中で大田はきっちり打ち取らないといけないレベルのバッターですし、阿部に対してもホームランでさえなければという感じだったんですが……。
余談ですが、阿部のはフェンスに上る時間的余裕さえあれば赤松なら捕れてた感じでした。
あれを生で見れたら本当にすごかったですが。

良いところを探せば、まずは前田にヒットが出たこと。
しかもタイムリー。
久々のヒットですしこれを見れただけでも来た甲斐があったと言えるかもしれません。
あとは1番に起用された安部がヒットで出塁して帰ってくるという求められる役割ができたことですかね。
2軍にいるときから見てた選手なので個人的にも嬉しいですし。
盗塁してくれないのが気がかりではありますが。

悪いところはエラーや併殺で自分たちを追い込んでしまっていること。
これがなければもっと面白い試合になったかなと。
またエラー2つのどちらにもエルドレッドが絡んでいるのが……。
来期も契約する方針とのことですが、こういうのを見せられると不安。
今日のカープの1点目は彼のヒットではありますが、大振りで穴が大きい打撃スタイルといい、ちゃんと回復してくれればの話ではありますがニックの方が見込みがありそうな印象です。

で、1番悪いところは投手起用でしたかねぇ。
大竹の代えどころ。
打たれた後になってバタバタしだしても後の祭りでしょう。
しかもまたもや今村の無駄遣い。
最近負けが込んでいますが、選手よりも首脳陣の方が浮き足立ってしまっているのではないでしょうか?
野村監督もチームが順調に来ているときはいいですが、こういうときにどうにか耐えるという部分では脆い感じ。
まあ悪いときに悪いなりに結果を出すのはどの分野においても難しいことだとは思いますが。
そういう意味では結局は打線がカバーできればというところに行き着くのでしょうかね?
監督の続投は既定路線ですし、代わりに誰かが責任を取るということもなさそうですが、ともかく打撃コーチは何とかして欲しい……。
って、何ヶ月も前から同じこと言ってる気がする(-_-;)


それにしても飲みすぎたw
正確にはお腹にものを入れすぎたって感じですかね。
このときと数時間経った今とではお腹の大きさが全然違いますw
まあ試合展開が早かったのでこっちもちょっと急ぎ目で飲んだのもよくなかったですね^^;
というかひたすらビールだけも辛い……。
たくさんのアルコールを摂取する場合、度数が薄いのを大量に飲むよりはウイスキーや日本酒をゆっくり飲む方が自分には合ってるかな。
幸い吐くこともなくw 歩いて帰ったので事なきを得ました。

AK-47

タイトルはヤクルトの先発赤川の背中の「AKAGAWA 47」というのを見て。
AK-47通称カラシニコフですね。
養豚場の名前ではありません。

というわけで、3連勝でヤクルトに並ぶことができたこのカード、結果はその逆の3連敗。
さすがに終戦と言わざるをえないでしょうか……。
相変わらず打てない守れない野手に加えて狂った投手起用。
ファンとして諦めたくない気持ちは当然ありますが、内容も結果ももうダメだと思われて仕方ない9連戦でした。

今日も中崎は6回を投げ終えた時点で余力がないのは明らかでした。
それでも最後に宮本を三振にしたのは気持ちの強さにほかならないでしょう。
この後は勝ちに行くなら、7回は1人1殺でも何でもいいので中継ぎをつぎ込んで抑えて、8回今村、9回ミコライオにするべきだったでしょう。
今村は使いすぎだし、ミコライオも産休後はノーサンキューって感じですが、パターンからいえばこうです。
それを中崎続投、苦しい場面で今村投入という……。
若手に過剰に働かせすぎでしょう。
おかげで素晴らしい投球を見せてくれたはずの中崎はいい形で終われず……。

そして、この9連戦での今村の起用方法は正気とは思えないものでした。
本来投げるべきでないビハインド時に2イニングス投げさせて、次の本当に使いたい場面で思い切ってつぎ込めないという状況を自ら作り出していました。
またそういう状況でも使ってはいましたがこれでは本来の力を発揮するのは難しいでしょう。
せめて今シーズンの残りは抑えに固定して余計な場面で投げさせるのをやめて欲しいです。

打線の方はリズム良くアウトを重ねて、相手を楽にするのが目立ちました。
コントロールの定まらない投手相手に初球のたいして甘くもないボールを打ってアウトになったり……。
よく槍玉にあげられる感のある堂林ですが、三振は3球は投げさせているだけまだマシ。
それも堂林よりもはるかに経験を積んだバッター達のやってることなんですから……。

今日は梵のホームランの1点のみ。
昨日は暴投でしたし、本当に決定力が……。
打線の組み方もなんだかんだいってあまり工夫が感じられませんでした。
もっとも頼りになる梵と当たれば怖いエルドレッドを固定するのは仕方ないとして、点を取るにはどうやってそこにチャンスを持ってくるかだと思うのですが……。
最近チャンスメイクで目立った活躍を見せている丸をよりによってその2人の直後に配置してますからねw
エルドレッドのマークを分散させるだけなら堂林でも十分でしょうし、そもそもそれ自体がチャンスを作れることが前提なわけで、現状はそれ以前の問題なのですから。

結局いざとなると破天荒はどこへやらと……。
特定の投手の使い潰しでその場を凌ぎ、打線は運頼み。
まあ、できないからわざわざ標語を「破天荒」してるとも言えますけど。

貧打・・・

2日続けて0点というのは……。
バリントンは失策と誤審による失点で援護もなく不憫な敗戦でした(-_-;)

東出の強攻は悪い選択じゃなかったと思います。
相手の山内のコントロールからしても、バントでアウトをあげなくても粘って四球でチャンスを拡大するのも十分狙えそうでした。
しかし、そこで併殺というのは最早何と言ってよいのか……。
いつもは中日戦だからで済ますこともできたかもしれませんが、今はどこ相手でも点が取れていない現状。
チャンス自体は作れてるので本当の意味での貧打というわけじゃないのかもしれません。
安部がいいヒットを打ったのも収穫だと思います。

とはいえ、点を取るスポーツなので、どうにかしてあと1本を作るしかないですね。
ゲームの話をするのもアレですが、僕の場合はチーム全体の調子が悪い時は上位にできるだけ期待できるバッターを固めて、下位は打てないと割り切って守備要員を使ったりします。
しかし、今のカープとなると難しいですね。

今日の感じだと丸は四球を選べてたので1番で使ってみるのが面白そうかなと。
とはいえ出塁してくれると思わずに、2番東出だと丸アウト→東出出塁では盗塁とかできないので、好調と踏むなら安部、そうでないならいっそ梵2番とか。
その場合は堂林、エルドレッドだと連続三振とかしかねないので、調子は微妙ですが打力と3番の経験で廣瀬とか。
で、エルドレッド、堂林までの5人で点が取れなかったら仕方ないという感じで、そこから後ろは赤松とかを守備優先で。
打てない中で勝つためには無駄な失点を減らすのも大事ですし。
まあ巨人や中日以外ではまったく点が取れないわけでもなさそうなので、打てないのを気にしすぎるよりは失点しないことを考えた方がいいのかもしれません。
打撃コーチは別ですけどね。

戸田デビュー

今日はルーキー戸田のプロ初登板でした。
2軍の試合を見て個人的に高評価でしたが、正直1軍はまだ早いと思っていました。
相手はよりによって巨人ですし。

しかし、なかなかがんばってくれました!
もっと長く投げて欲しかったんですけどねぇ。
せめてもう1イニング、打席が回ってくるまで投げさせてもよかったんじゃなかろうかと。

初回こそ失点してしまいましたが2回からは低めに制球できるようになり、そのおかげで捉えられたかに見えた打球も野手の守備範囲内に飛んでアウトにできていました。
現時点でここまでできたんですから、先が本当に楽しみですね。



一方の打線は相変わらず……。
そんなに打てないピッチャーかなぁ。
ピッチャーというよりも阿部なんでしょうかね。
阿部がいたら勝てない、谷繁がいたら勝てないでは……。
実松や小田なら勝てるわけでもないですしw
チーム力からしても分が悪いのはしかたないですが、こういうところでどうにか1勝でも積み重ねられないと厳しい。

調子の良さそうな選手も見当たらないですし、一時の菊池のようなラッキーボーイの登場に期待というのも現実的じゃないですし、悪いなりにどうにかやってくしかないんでしょうね。
個人的には松山が見たいです。
岩本はタイミングが合ってないことが多いですし、岩本に限らず現状のメンバーで一発長打はかなり確率が低いでしょう。
変な球に手を出さなければ、松山は技術はありますし、バットに当たりさえすれば点が入るかもしれないという場面での三振は減るんじゃないかなと。
将来性とかいう時期でもない選手ですし、守備走塁があれですからとにかく打つしかない。
本人もそれはわかってるでしょうから、目先の打席で結果を出すことが大事でチームの順位とかそういう変なプレッシャーにも影響されにくい立場のような気もします。

うーん・・・

0点で抑えられればというのもいえますが、1点の援護だけではさすがにマエケンといえども……。

今日は最初の丸の打席が痛かったかなぁと。
歳内を崩すにはあそこが1番のチャンスだったのではないでしょうか?

1アウト満塁でフルカウント。
歳内といえば昨年、高校野球をスプリットで沸かせましたが、この日はちょっとコントロールが怪しく、またこの場面に至る前にスプリットでバッテリーエラーがあったこともあり投げてくる球は高確率でストレートというところでした。
実際に、フルカウントになってから投げたのはすべてストレート。
にも関わらず捉えきれずにファールを繰り返し、最後もサードへのファールフライでした。
相手にとってこれだけ厳しい状況でありながら1点も取れなかったのが却って歳内を楽にしてしまったと思います。
ここまでのピンチは1試合でそうはないですから、それを無失点に抑えられればあとはこれにくらべたら楽な場面でしょうね。

マエケンと歳内という組み合わせで絶対に勝たないといけない試合だったはずですが、あまりにも打線の詰めが甘すぎた感じでした……。
プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。