スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵もさるもの

昨夜のカープは負け。
野村が不調だったのが痛かった。

でも、痛かったけどそのせいで負けたとは思わないです。
ヤクルトの中澤も調子が悪そうでしたから、弱みを突けるか突けないか、粘れるか粘れないか。
その差で負けたのだと思いました。
まあノーアウト2、3塁で4番と5番が揃って三振してるようではねぇ……。

しかし、昨日はヤクルトの方こそ落とせない試合という感じ。
そこをしっかり勝ってくるのはさすがです。
そして、今日はCSに出るつもりならカープの方こそ落とせない試合。
直接対決できっちり勝ち越していかないと!


……それにしても、CS進出に余裕を持てる時は最後までなさそうですね。
カープとしては初めてのことですから、できるだけ楽にいける態勢を作りたいところでしょうが。
でも、きつい方が経験値は多くもらえそうですからね。
伸び盛りの選手が多いですから、もしかしてきつい方がさらに先を見据える上ではいいのかもしれません。
少なくともそういう気持ちで試合を見れたらなぁと。
まあ、最終的にCSに進出する前提での話ですがw
スポンサーサイト

タクローさん・・・

昨日の朝のことなのに、書こうと思いながらもだらだらとこんな時間までずれ込んでしまいました。

意外と自分がショックを受けてることがショックだったりします。
移籍してきたときからそう長くないことなんてわかっていたはずですし、1軍登録を抹消された辺りに今年までかなという感じてたんですけどね。

まあ、それだけいいものを見させてもらったということですね。
代打で出てきて、ヒットを打つ確率なんてそれこそ3割には遠く及びませんが、四球で出塁したり、アウトになるにしても粘って球数を稼いだり、きっちりランナーを進塁させたり、彼なら悪いことにはならないだろうっていう安心感がありました。
守備は相変わらずでしたし、脚力は衰えたとはいえしっかり走れていましたし、時には内野安打も。

もともと戦力として以上に若手への見本という意味でカープは獲得したんでしょうが、戦力としても有効な切り札でしたし、良い見本であったのではないかと思います。


今後はどうするのでしょうかね?
カープに残って指導してもらえるとファンとしては嬉しい限りですし、本人も仕事としてそうしたいという思いはいくらかあるのではないかと思ったりしているのですが、単身赴任ですし帰ってしまうんでしょうかね……?
まあこればかりはどこに比重を置くかは人それぞれで、どういう選択をしたとしても責められることではありません。

とまあこんな感じで。
それにしても、お疲れ様というよりも、来てくれてありがとうって感情の方が強いです。
そしてそれがCS進出(できればその先もですが)という形で報われれば……。
人にありがとうと思われるようなことをしたなら、その人にもいいことが訪れるべきでしょうからね。

テーマ : *感謝そしてありがとう*
ジャンル : 日記

うーん・・・

今日はとにもかくにも今井でしょうかね……?
まあ打線がもっとがんばればとか、3点ですからどうにもならないことはなかったとは思うのですが。

しかし捕邪飛をミスしたからといって、連打くらってホームランってのはいくらなんでも踏ん張りが効かなすぎでしょう。
そりゃあアウトになるべきものがならなかったのは試合展開からしても痛いし、ショックもあって精神的にも楽じゃないでしょうけど、1つ歯車が狂ったらもうダメっていうようでは……。
それまでは結構いい球を投げてたように見えたんですけどね。
福井もですが、もったいないですよね。
こういう投手用のためにベンチに「今日はいけそうじゃ!」とか「今のは危なかったけどとりあえず抑えた! 次からまた締めていこう!」とか、ひたすらその気にさせるようなことを言い続ける人がいればいいのか?w

2桁

ヒーローインタビューの大竹がすごくいい顔をしとる。

走攻守みんながんばったと思いますが、今日はこれに尽きますね。
マエケンや野村のように投げることはできない体になってしまっているんでしょうが、試合としても試合の中の局面にしても、ここぞというところでの投球。
これが頼りにされる部分なんでしょうね。

そういうのいらないから

はい皆さん、パブリチェンコー。

昨夜はあんな時間にブログを更新したために睡眠時間がひどいことに……。
まあそれ自体は寝つきが悪いときと同じようなものなので乗り切れると思ってたんですが。

職場にあれ(「MOTHER2」的な意味で)が出現!
まあ殺しましたけどね。
元来は虫も殺せないタイプなので結構きつい。
これができないと1人で生きてくことなんてできないだろうと思うので、やるようにはなりましたが。
っていうか、殺すよりも後処理が嫌なんですよね(-_-;)

で、昨夜更新してた記事の内容のあのアニメを見てた人はわかると思いますが、ターニャというあれ(「MOTHER2」的な意味で)を操るキャラがいてですね、これがなかなかグロい……。
どうしても思い出してしまうために気力低下ですよw

睡眠不足&気力低下なので能率の悪いことと言ったらw
よりによって昨日の今日で出なくてもいいと思うんですがねぇ……。
こういう時だけ持ってる男みたいになるのとかいらないですから!

それにしても、あれ(「MOTHER2」的な意味で)は今年の夏だけで3匹目……。
これまでの数年の間ではたったの1回しか出現しなかったんですが……。
今年の1匹目は、ちょうど前日の夜にゲームのチャットで話題にしたばかりというこれまた狙ったようなタイミングで出現したんですが、見たくないならもうあれ(「MOTHER2」的な意味で)を話題にすることすらやめるのが賢明なんでしょうかねぇ。

DARKER THAN BLACK -流星の双子-

みなさん、パブリチェンコ!

まあタイトルで何について書くのかおわかりですね。
ネタバレ注意なので、情報を頭に入れたくない人は見ないでください。
2009年のものをどうして今更?
と思うかもしれませんが、事情はイカ↓の通り。

1期の「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」は大好きだったのですが、放送される地域に住んでいない(1期も当時は見ることができたアニマックスで見た)ので、いずれDVDで見ようかなと思いつつずるずるとw
そして先日、友人とカラオケに行ったのですが1期のOP「HOWLING」を友人が歌い、そういえばまだ2期を見てなかったなと思い出す。
そのことを話すと友人も「いい加減見なさいw」という反応だったので、これをきっかけにということです。

それにしても、DVDには外伝が入っていたとは……。
何の情報もなしに、とりあえずすぐに見たかったから動画配信で見てしまったよ。
いずれまた見なければ。

しかし、初見ですべて理解できるほど僕は聡明ではないので、視聴後は他の人の感想ブログとかを見たりして見落としていたところやうまく聞き取れなかったところを補完したりして。
休みということで飲みながらやってたら相当な量を飲んでしまい、翌朝ちゃんと覚醒するまでがきつかったですw




では感想。

とりあえず1期は(僕は男だし、そういう趣味もないですが)黒が好きで、2期についても黒のかっこいい&かわいい活躍に期待して視聴し始めました。
と思ったら主人公が黒じゃないw
いや、女の子が出るのくらいは知ってましたが、こっちの方が主人公だったか。
まあ実質主人公が2人みたいな感じなんだろうというのは予想してましたし実際そうだったわけですが。
余談ですが、この女の子「蘇芳・パブリチェンコ」の声優が花澤香菜&1話のサブタイトルが「黒猫は星の夢を見ない・・・」で妙におかしかったのはリアルタイムに見てなかったからこそですねw

で、序盤は黒成分が足らないw
見た目はまあともかく、大食いから飲んだくれに変化してますし。
蘇芳みたいな元気な子は好きですが、かわいいけど見たいのはそれじゃないんだと。
でも、話しは面白いですね。
1期で生き残ったエイプリルがあっさり死ぬし、強そうな契約者でもアニメ内においては平気で1戦0勝で退場させる辺りがこのアニメたる所以です。

最初は追う側と追われる側だった黒と蘇芳ですが、行動を共にすることになり2人に徐々に変化が。
2人(ジュライも入れて3人ですね)が少しずつ変わって、心の距離が縮まっていく様子は心地よかったです。
まあその仮定で「徐々に」ではなく劇的な変化として蘇芳が契約者になってしまうわけですが。
それにしても、黒の蘇芳に対する扱いはやばいw
胸を触る、殴る、裸でいるところを組み伏せる、スカートなのに逆立ちさせる、腰を振らせてそれを至近距離で見る、滞在場所をラブホにする。
と、羅列すると酷いですよこれはw
特に、ビンタ→酒を喇叭飲みのコンボはそこだけ見れば人として終わってますw
しかし、上記の扱いをする一方で優しい部分を隠しきれないのが黒。
雑草汁をおかわりは高ポイントでしょう。
自分で作ったのをおいしいと言ってもらえると嬉しいですし、まずいのにごく自然におかわりするとかされたらもう(*´∀`*)

そして、6話で蘇芳にやられましたね(;´∀`)
僕の中ではただのかわいい元気っ娘(好きなタイプですけど)だったのが、電柱を蹴ったところで一気に持っていかれましたw
野球で言うなら、ランナーは貯まったけどまだ点は入っていない状況で飛び出した場外満塁ホームランですよ。
ついさっきまで人を好きになるということが理解できていなかったのが、一気に嫉妬するレベルにまでいくとは。
「ただのかわいい」が「特別かわいい」になりました。
そうなると料理してる黒の後ろ姿を頬を赤らめながら見つめるところなんてニヤニヤが止まりませんよw

それだけに、ラストは(中盤以降を端折ってすいませんw)残念な……(-_-;)
ストーリーとしては、アニメ内の世界の進行とともに黒と蘇芳の旅の話でもあったわけですが、後者はちゃぶ台返されたような感じです。
面白いかどうかと聞かれたら面白いと答えるとは思いますけどね。
世界観を楽しむものとしては良いのではと思うので。
でも、主人公である蘇芳のストーリーとして見ると……。
なので「つまらない」ではなく「残念」。

あのコピーされた地球での蘇芳の生活は蘇芳のオリジナルである紫苑の描いたものであって、蘇芳の望んだものではないと思うんですよね。
確かにああいう生活に憧れていたとは思いますし、あの世界の中では幸せなんでしょう。
でもそれはたった2年だけとはいえ、MEで植え付けられたものではない自分だけのものの記憶を捨ててまで欲しがったものではなかったはずです。
黒の腕の中で最期を迎えて、新しい世界でも無意識下にわずかに黒のことが残っている感じだったのがせめてもの救いなのかもしれませんが、それが本当に救いになるのかどうか……。
黒がコピーされた地球にいるかどうかかなり怪しいですから、にも関わらず心をそこに縛られてるというのは原田知世の「時をかける少女」もそうでしたが、一見すると綺麗ですがかなりきつい。
ハッピーエンドでなくても、元の世界で蘇芳は生きていけなかったかと思うと切ないです。


まあそれにしても、相変わらず食事シーンや料理シーンで異常にテンションが上がるアニメですねw
電車内での久々の大食い(これが本来の普通ですが)とか、未咲さんの肉まんを食べるペースとか、黒が5つか6つしかないペリメニをすかさず3つ確保するところとかw


どうでもいいけど、明日仕事から帰ったら「炒飯とラーメンを食え」と母に言われたのが妙にタイムリーだなと思いました。
2期での黒は中華料理の腕前を披露してくれませんでしたけどね。


DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)
(2009/12/23)
木内秀信、花澤香菜 他

商品詳細を見る

8年ぶりか・・・

まずはヤクルトに勝ち越し!
これは大きいですね。
嫌な流れの中で見事に逆転。
大竹に勝ちがつかなかったのは残念ですが、その代わりに河内が何と8年ぶりの1軍での勝利という
本当に素晴らしいことです。

この写真は昨年の5月27日。
まだこのブログなどなかった頃ですね。
見に行っていたので必死に写真を探してきましたw
Image400.jpg
これは2軍での実戦復帰のときのものです。
ここまで来ただけでもすごいことだと思ったのですが、このときから1年以上経ち、1軍で投げて貢献できるまでになりました。
今日の勝利は神様からのご褒美といったところでしょうか?

そして、本人もですが周りも嬉しそうだったのが印象的でした。
今村も泣きそうになってたしw

大当り

ブラウザプロ野球のキャンペーンでゲットしたシルバーベンダースタンプを使ってみたところ……。

何と東出ゲット!
そして福原も。

どっちもレアカードだから選手枠しか課金しない僕には強力なカードです。
また、東出はご存知の通りカープですし、福原は広島県出身。
そういう意味でも使いたくなるカードが手に入りました。

まあ、広島出身でも使うのを躊躇うだろう選手が2名ほど存在しますが、とりあえず手元にないのでそんな心配をする必要はないですねw

しかし、引きの悪さに定評があるこの僕がこんな大当りを出すとは俄には信じ難い。
これで一生分の幸運を使い果たしたのか、それとも何かが起きる余兆?
どっちだとしても防ぎようもなさそうですが(;´∀`)

とりあえず東出はスキルが「切り込み隊長」ということで1番に固定せざるをえないですね。
トレードでいただいて育成中の木村昇吾も「つなぎ役」なので2番固定。
本当は打順が固定されるスキルは嫌いなんですが(打順の選択肢が狭まるので)、不調にならない限りは能力的に取って変わる選手を持ってないのできっと問題ないでしょう。

これはひどいw

遊んでばかりいないで少しはちゃんとやろうと思い始めた今日この頃。

メロディーをソフトに入力してみたけど、何かイメージと違う。
音の高低は外してないはずだけど……。

ということで、ドラムも適当なやつを入れて、あらためて確認。
自分のリズム感が酷いのを認識しましたw

まあ、酷いなら酷いと知ってたほうが知らないよりもいいさw

危ないところであった

昨日書いたことが本当になってたw
阪神の広島出身選手がみんな登場とはw

さて、タイトルは「山月記」の虎になってしまった主人公が本能のままにかつての友人に襲いかかろうとした際の台詞。
まあ虎は自分(カープ)ではなく相手の阪神ですが。

バリントンはよく投げましたね。
ここにきての復調は本当に助かります。
唯一の失点がホームランですが、調子はともかくホームランを打つ能力はある打者が揃っている阪神で、よりによって上本とはw

カープは能見を打ち崩せずもしかしたらこのままかも……。
という感じでしたが、代わった福原からエルドレッドがこちらもホームランで逆転。
いつも打線が繋がるわけではないですから、こういう得点パターンの有無の差は大きいですね。

逆転した後はセットアッパー今村。
連投が続いて厳しい場面。
サードを堂林から木村に代えたのは今村の負担を考えてのこともあるのかも?
いつもほどのボールの威力がない今村があわや同点&連続試合・イニング無失点記録ストップの危機を迎えますが、ちょうど木村のところに打球が来て、木村も最高の仕事をして見事無失点で切り抜けました。

最大の危機を乗り越えて、締めはミコライオ。
こうなると後は試合を終わらせるだけの作業といった感もあります。

ここのところは今村が頼りになりすぎるくらい頼りになっていることもあり、クローザーよりもセットアッパーという仕事の厳しさを感じる今日この頃。
次は休ませてあげたいですね。
緊迫した場面でもサファテで乗り切れないだろうか……。

薄氷を踏むような勝利でしたが、こういう形でも勝てたのは大きいかも。
どんな展開でも、どんな相手からでも1勝は1勝ですからね。
とにかく白星を積み重ねることができたことに尽きます。

ところ変われば

カープは5割復帰&阪神には6連勝。

しかし、相手が中日と阪神とでここまで違うとは……。
中日戦(特にナゴド)になると借りてきた猫のように(;´∀`)

それにしても、梵がそろそろ厳しそうですね。
初回のショートゴロを取れなかったプレイは怠慢ではなく体(というより膝?)が動かなくなってるのではと感じました。
表に鳥谷が好プレーを見せていただけにより対照的な形に……。

打つ方でも1アウト3塁の場面が2度ありながらどちらも走者を返せませんでした。
若い選手が多いだけにこういうところできっちりとした仕事を梵のような選手がしなければならないはずですが……。
今日は途中交代でしたが、1度しっかりと休ませた方がいいのではないかと思いました。
状態が良ければ実力が確かなのは周知のことですし、他の選手が元気なうちに手を打っておくのがいいんじゃなイカ?

ところで阪神。
いっそのこと新井兄弟&金本&俊介&上本を全員スタメンで使ってもらいたいw
リリーフで福原も。

3連戦の最後

ウエスタンリーグのカープVSオリックスの3連戦の3戦目。
マツダスタジアムでは今年最後。
残りの試合に由宇に行くかどうかわからないので、僕がウエスタンリーグを見るの自体が今年最後になるかも?

ってなわけで今日のスタメン。
SBSH0091.jpg
戸田キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
ようやく僕が行った試合で投げてくれました。
SBSH0092.jpg

試合の方ですが、戸田は良さそう。
全体的にいい感じ。
球速は130km/h後半~140km/h前半。
キレ、コントロールともに高卒ルーキーとしては十分なものを持っていると思いました。
また直球でも変化球でも精度にあまり差がない感じがしましたね。
どちらでもストライクを取れるし、外れるときは外れるw

ということで、いいところにいいボールを投げれている感じなのでしっかりと打者を抑えることができている印象でした。
ただ、時折抜けた直球が打ち頃の高さに外れて、赤田やら高橋信といった経験のある選手相手になるとそういう球を逃してくれるはずもなく痛打されていました。
あと、6回を投げましたが半分の3回で先頭打者を出塁させてしまっていたので、それがもったいなかったですね。
この辺りで甘さが出ての今日の2失点かなと。
守備陣が助けることができれば失点もなかったかもしれませんが。

しかし、ともかく今後も期待したい投手でした。
投げているのを見ていて楽しかったですし。
キレとコントロールがもう1ランク上がれば1軍で先発して結果を出すのも可能ではないかと思いました。


打線の方は当初苦戦していましたが、中盤の集中打で見事逆転!
戸田の初ヒットが起点となりましたが、中軸の打者も機能していました。
これで戸田に勝ちを付けることができて良かったです。

さらに終盤でも吉野を攻略し勝負を決めました。
申は打率が低くて正直あてにはできないかなと思いますが、パワーがあるのでたまに当たると大きいですね^^
そして、井生が左キラーの切り札として本当に頼りになるw


他に気になったところは、やはり小窪。
バントを2度ファールにし、ヒッティングで内野フライというのは……。
あと、守備でも足の速い森山の打ったゴロを待って捕り、内野安打にさせてしまっていました。
タイムリーを打ったりして間違いなくこの試合での貢献度は高いのですが、上での活躍を見据えるとこういうことをやっていてはダメかなと。

一方、金丸は対左打者として1軍でも楽しみ。
1軍では河内しか左の中継ぎがいませんし、彼に次ぐ存在として出てきて欲しいです。



あー、明日から仕事だー。

夏の甲子園期間中のウエスタンリーグ

今日はカープうどん食べましたよ。
暑い&熱い。でも美味しかった

そして今日のスタメン。
SBSH0088.jpg
何と石原復帰!
SBSH0089.jpg
クライマックスシリーズ進出のためにキャッチャーにはしっかりしてもらわないといけませんからね。
また1軍で活躍して欲しいです。

先発は篠田。
SBSH0090.jpg



さて、試合は篠田がいきなり失点
変化球でストライクが取れずストレートでカウントを稼ぐしかないのですが、そのストレートも力がない感じ。
こんな状態なのでゴロでも内野手の間を抜けたり、痛打されたり。
まあオリックスの北川に関してはさすがだなと思いましたが。
北川はこの後も上野の甘く入った変化球を簡単にヒットにしてたりしてて、2軍じゃ1枚も2枚も上手ですねぇ。

篠田は結局5回を3失点。
キャッチャーが磯村に代わってからは無失点でしたが、単に立ち直ってきたのかキャッチャーの問題なのかは不明。
ちなみに石原は2打席立ったところで交代でした。
ヒットはなかったですが、2打席目の打球はよかったです。


打線の方は中村デー。
3安打で打点も挙げた中村真崇。
代打で登場し2点タイムリーを放った中村憲。
この2人は見事でした。

残念だったのが小窪。
打つ方は良かったです。
まあもともと2軍で打てないようじゃ困りますが。
しかし、守備や走塁でミスが目立ちました。
走塁では2塁にいた時にセンターフライでタッチアップできそうなところを判断に迷い走れず。
十分狙えるところだったうえに、センターが投げる際にボールを落とすミスまでしてくれたというのに……。
守備は、試合は延長に入って4-5で負けたのですが、決勝点は小窪のエラー。
昨日もエラーしてましたし、ヒットは打てても他の部分で1軍での起用を躊躇われても仕方がないですね。

それと気になったのは武内。
今年になって低めに投げれるようになったなと思っていましたが、今日も低めに力の入った球を投げていました。
そのおかげか打者もなかなか打てなかったのですが、いかんせん球速が……。
入団時の前評判より10km/h以上落ちてますからね。
空振りが取れない……。
今の感じで平均140km/h以上になれば1軍でも面白そうですが。

ところで、夏の甲子園が始まりましたね。
広島は早くも負けてしまいましたが……
今日のメンバーではカープだと庄司が活躍し、磯村は優勝も経験しましたね。
今日の庄司は途中で交代してしまいました。
次のイニングで相手の代打で同姓の「庄司」が出てきたのが面白かったですw
磯村は石原に代わって出場。
バント失敗は残念でしたが、守備では三振ゲッツーなど頑張っていました^^

しかし、甲子園で話題になったといえばオリックスの香月良太でしょうね。
9回裏に登場。
2軍だったのを知らなかったのでビックリしましたw
カープはサヨナラのチャンスを作ったのですが、鈴木がバットを折られるセカンドゴロ。
その前の山崎浩司のファインプレーがなければなぁと。
次の回の失点も、先頭バッターの山崎が四球で出塁してからでしたし。
ただ、負けたのは残念ですが、カープのみならずオリックスの頑張りも含めて好ゲームだったかと思います。
そういう試合だったので、なおさら小窪のミスはまずかったですねぇ。

オリンピック期間中のウエスタンリーグ

職場で次に会うときは黒くなっているだろうと言い残し、今日はウエスタンリーグを見るためマツダスタジアムへ。
SBSH0084.jpg


画質が悪くて読めないと思いますが、スタメン。
SBSH0087.jpg
カープの先発は齊藤悠葵。
小窪が2軍なので、堂林ユニを買って以来封印されていた小窪ユニ(旧式)を有効活用できるのは嬉しいけど、小窪に2軍にいてもらいたいわけではないのでその辺は微妙な気持ちです。

一方のオリックスの選手、オリンピック期間中ということでシドニーのときの代表だった鈴木捕手が出ています!(もちろんオリンピックとは無関係に出てるだけだけど)
安い入場料で意外な選手が見れたりするとお得感がありますが、今日はこの鈴木の他に北川、元カープの山崎が見れて良かったです


この3連戦の目標。
それは勝ち越して首位に肉薄すること。
ではなく。(僕がプレーするわけじゃないし)
この暑いなか、カープうどんを食べることw

しかし、運悪く朝食でうどんが出てきたので今日は断念w



スラィリーが登場し、試合前の余興。
そして、参加させられた磯村。
SBSH0085.jpg
SBSH0086.jpg

ちなみに、写真はすべて携帯で撮影。
カメラが壊れてしまったようなので……。
なので写真を撮るつもりはほとんどなく、今回はこの4枚のみです。


さて、試合の方ですが齊藤が炎上
3回も持たずに5失点で降板。
しかし打線も奮起して丸はなんと2打席連続ホームランに3塁打と大暴れ
最終的には10-6という逆転勝利でした!

以下、気になった選手を。
まず丸は2本のホームランもすごかったですが、3塁打もあとほんの少しでホームランという素晴らしい当たりでした。
投手の左右に関係なく打てていましたし、今日は言うことなしだったと思います。

次に代打で活躍をした井生。
見事チャンスでの起用に応えて2点タイムリー。
前にノーヒットノーランされそうになったときも代打でヒットを打ってましたし必殺仕事人といった感じ。

そして庄司。
結果としては犠牲フライ1つでしたが、全打席ともしっかり捉えたいい打球を飛ばしていました。
明日も出るなら期待したいですね。

投手の方では岩見。
ホームランを打たれましたが、いいボールを投げていたように見えましたし、コントロールも彼にしてはまとまっていたと思います。
安定してこれができるなら楽しみです。

それと金丸。
変則的な投げ方で球速やコントロールも十分。
対左専用なら1軍でも面白いかも。

最後に江草。
大当りの日だったのでしょうか?
低めへの投球で簡単にストライクを取れていて、同じようなところに変化球も投げれていました。
三振を次々と奪い、2回を投げて文字通り相手を寄せ付けませんでした。
良かったり悪かったりという印象なので、これを信用していいのかはわかりませんが^^;



それにしても、ずっと日向にいたので暑かったです。
近くで試合を見るついでに、汗をかいて体の老廃物を外に出そうとか考えていたので服の中が大変なことになっても席は動かずに。
当然、日焼けして皮が剥け……。
しかし、風呂で擦ってもうまい具合に皮が剥がれてくれるわけではないのですね。

今日という日

ひねくれてるかもしれないけど。

たとえばの話。
「あれ買って」と言われたら、ものによっては買ってあげないこともない。
でも、「あれ買って。あとこれとこれと、ついでにこれも」とか言われたら、それが買えるものであっても買ってあげたくなくなりませんか?

とりあえず安心

仕事から帰ってちょっとマエケンのブログを見てみたら、會澤は鼻骨骨折。
骨折なんで軽いとはいえないんでしょうが、昨日のあれを見ればこれで済んでよかったというのが正直な感想。

命はもちろんのこと、脳やら目ではないのでプレーにも影響なく復帰できればいいですね。
それにしても、今年はキャッチャー受難の年じゃのう……。

信じて待つ

前の記事に書いたように今夜もちょうどカープの試合の終盤辺りに眠くなっていたのですが、さすがにあれで目が覚めました……。
會澤、大丈夫でしょうか……。

負けたことについてあれやこれやと考えないわけではないですが、それも些細なことというかどうでもいいことというか、ともかくただただ心配な気持ちです。

幸い意識はあったみたいです(予断を許さない状況なことにまったく変わりはないと思いますが)し、無事だと信じて待つのみですね。

情けなや

昨日のカープは引き分け。
相性がいい相手だけに勝ちきれなかったのは残念な気もします。
横浜ファンの人もそう思ってそうですがw


まあとりあえず、今村の新記録と安部の第1号ホームランは素直に喜びたいですね

今村は、サファテがまだ不安定なところがあるし、ミコライオもちょくちょく体調不良になるし、単なるセットアッパーというだけでなく中継ぎ陣の1番きついところを任されてる感がありますが、その中での記録ですから頭が下がります。
今年のカープ投手陣は先発が何かと注目されていましたが、この今村の貢献度は決して彼らに引けを取るものではないと思います。

そして安部。
ホームランもいいですが、やはりウエスタンリーグ盗塁王の走力を活かすためにも出塁率を上げていって欲しいですね。
菊池もスピードはすごいですが盗塁となるとやはり安部でしょうから、菊池とのポジション争いでもこの辺をアピールできるかが鍵かなと。
東出が復帰したら同じ左バッターの安部の方が落とされる候補になるでしょうし、何とか食い下がってもらいたいです。
ちなみに安部は2軍でよく見てきただけに、入ってきた菊池よりもどうしても肩入れしてしまうんですよねw
菊池ももちろん頑張って欲しいし期待していますが。



で、そんな昨日の試合、途中で寝てたー

実は寝るのが苦手で、寝るべき時間にあまり寝られなかったんですよね。
まあよくあることなんですが、その反動が試合中にと。
なので、安部のホームランは見ましたが今村はおろかサファテすら見てなかったり……。
何とも情けない話しです。
プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。