スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹原いろいろ巡り・其の一~おかえりなさい?~

やってきました竹原!
IMG_3815_convert_20120225210759.jpg
先日購入したカメラのデビュー戦でもありますw
早春+海沿いの町+カメラといえば原田知世の「早春物語」みたいだ(古いw)。
さらに瀬戸内ということで、これだけでご飯1杯余裕。

祖母が竹原出身ということで意味深な?「おかえりなさい」(本当は忠海ですw)
IMG_3812_convert_20120225201055.jpg

頼もしきガイドの友人と合流し、目指すは「ももねこカフェIN梅谷」
IMG_3529_convert_20120225201231.jpg
というわけで、「アニメ」カテゴリに分類。
ただし、バカ正直にアニメの話だと思われるとそれは違うので。
僕の中ではもともと行ってみたかったところで、「たまゆら」はあくまできっかけ。
というと何だかちょっとどうでもいい感じに聞こえるかもしれませんが、「いつか行こう」が「今行こう」に変わったその力は大きいと感じています。

朝は雨が降っていたりしてあいにくの空模様でしたが、結局、家を出てから降られることもなく済みました。
こいつらのおかげ?w
IMG_3539_convert_20120225201408.jpg
IMG_3540_convert_20120225201441.jpg
IMG_3541_convert_20120225201502.jpg

中で見た酒瓶。
IMG_3549_convert_20120225201621.jpg
もう売っていない品でございます。

ちなみにイベントの様子はまずいかもしれないのでアップを自重させていただきます。
とりあえず、パンダが素晴らしかったことをここに書き留めておく必要がある。ということだけは断言できますw

(続く)
スポンサーサイト

竹原いろいろ巡り・其の二~雛めぐり~

続きましては開催中の「たけはら町並み雛めぐり」
岬めぐりのバスは走ってませんw

というわけで、旧笠井邸。
IMG_3557_convert_20120225201742.jpg
「私たち展」のあった場所ですね。

ってなわけで2階の様子。
右が朗読劇の舞台。
IMG_3583_convert_20120225202124.jpg

雛人形の方は、後で見たらブレてる写真が多かった…。
ま、カメラ初心者だし。
IMG_3566_convert_20120225201840.jpg
次郎左衛門雛というのは、作った職人の名前から付けられた形式の雛人形で当時流行ったと、この前テレビで見た。

IMG_3574_convert_20120225201908.jpg
雛めぐりのポスターの再現。
どんなポスターなのかはググッてくらさい。

絵もありました。
IMG_3584_convert_20120225202159.jpg

旧笠井邸の2階からの眺め。
IMG_3577_convert_20120225202020.jpg
町並み保存地区を2階から眺めることができるのはここだけらしいです。

ここで友人からいろいろと勉強になる話を聞けてよかった。
昭和天皇御成婚を機に、お内裏様とお雛様の位置が左右入れ替わったという話があるというのは面白かった。

(続く)

竹原いろいろ巡り・其の三~聖地巡礼~

タイトルの通り、「たまゆら」に出てきたあの場所この場所。
全部事細かに綴っていく気力はないので、大幅に端折って。

まずは西方寺。
下から。
IMG_3634_convert_20120225202912.jpg
上から。
IMG_3633_convert_20120225202832.jpg

1話でぽってがひっくり返ったところ。
IMG_3611_convert_20120225202535.jpg

不合格! じゃなくて普明閣。
IMG_3616_convert_20120225202621.jpg
京都の清水の舞台を模して作られたという小京都らしい建物。

普明閣からの景色。
IMG_3806_convert_20120225210614.jpg
OPではこれにタイトルロゴがついてきます。

立ち寄ったお店で見かけた竹炭。
IMG_3640_convert_20120225202954.jpg
手前がかおるで奥が隠れてるけどのりえじゃね。

たまゆらカフェの場所。
IMG_3641_convert_20120225203030.jpg

憧憬の広場。
IMG_3646_convert_20120225203122.jpg

かかえ地蔵。
IMG_3652_convert_20120225203209.jpg
時給よ上がれと念じてみたが、意外と重いのなw
もうすぐサブリーダー時給に昇格するはずなのにおかしい。
それともミーティングで要望として出した、スタッフの時給を上げろという要求が(当然ながら)却下されるということなのか…?

胡堂。地味によく出てくる場所だった気がする。
IMG_3655_convert_20120225203254.jpg
それにしても、曲がり角とはいえ、道のど真ん中にでかでかとお堂があるのは目立つ。

そして照蓮寺。
IMG_3670_convert_20120225203515.jpg
この門はなかなかの威容。
生で近くから見てみるべき。

中にあった燈籠。
IMG_3660_convert_20120225203343.jpg
尾道の八坂神社にあった「かんざし燈籠」と似たデザインだなぁと思って撮影。
どっちも江戸時代のものだったと思うけど、関連性は多分ないw


IMG_3668_convert_20120225203440.jpg

何かいいなぁと思った路地の写真。
IMG_3678_convert_20120225203651.jpg

言わずと知れた、日の丸写真館。
IMG_3686_convert_20120225203747.jpg

背後の普明閣を意識してみた。
IMG_3700_convert_20120225204106.jpg

道路を挟んだところにある常夜燈。
IMG_3689_convert_20120225203850.jpg

別角度から。
IMG_3693_convert_20120225203929.jpg
満潮でわかりにくいけど、雁木になってて、昔は塩田(竹原は塩の商いで栄えた)で作った塩を船でここに運んでいたとか。

そういうわけで、写真館横には海の神様住吉神社。
IMG_3696_convert_20120225204019.jpg
まさにここが江戸時代の竹原の繁栄の基盤だったわけですね。
立派な建物もいいけど、こういう往時の営みがリアルに垣間見える場所は特にたまりません。
ご飯もう1杯追加です。
名所って感じではないですが、あの町並み保存地区の風景もここがあってのもの。
ここで確かに我々の先祖ががんばっていて、各地に塩が運ばれていたのだと思うと歴史のロマンがあります。


IMG_3715_convert_20120225204237.jpg

道の駅のところにあった看板(という表現でいいんよね?)
IMG_3709_convert_20120225204208.jpg
知らない人が見たら、中央にいるかおるが主人公だと思ったりしないのだろうか?

(続く)

竹原いろいろ巡り・其の四~腹が減っては戦はできぬ~

実は時系列がごっちゃになってるのですが、まとめた方がいいかなと思ったので。

竹鶴酒造。
IMG_3602_convert_20120225202346.jpg
IMG_3600_convert_20120225202323.jpg
江戸時代の製法を復活させて作った日本酒がおいしかった。
普通、進化してるものじゃないのかとツッコミを入れたくなったけど、現代のは飲みやすさ重視とかそういうのもあるのかも?
特に日本酒が好きではない人が飲んでみたらどういう反応なのだろうか…?
ちなみに、「たまゆら」で観光客は増えたものの地酒の方はその恩恵にあまり与れていないとのことなので、お酒が好きな「たまゆらファン」は是非!

続いて昼ご飯を食べた「ほり川」。
ほぼろさんのとこですね。
IMG_3607_convert_20120225202443.jpg

こういうのもあったり。
IMG_3718_convert_20120225204400.jpg

ほぼろ焼き。
IMG_3720_convert_20120225204433.jpg
ブレてるけど、1枚しか撮ってなかったのでw
実は紅しょうがは苦手。
でも、出されたものを残すのは避けたい主義なので食べた。
ソースが辛めだからか、うまく配分して食べられたからか、まあ何かあまり気にせず食べられましたw
って、紅しょうがの話をしてどうするw
ほぼろ焼き、おいしかったです!
家で作る一般的なものとは違う材料を使ってたりしてて、そういう意味でも食べる価値のあるものだと思いました。

そして、腹ごしらえをして向かった先は…。
IMG_3721_convert_20120225204509.jpg
堂林。じゃなくて竹林。
さすが竹原という名前だけのことはあります。
で、この竹林、かなりきつい上りとなっております。
その竹林を抜けた先。
IMG_3722_convert_20120225204547.jpg
hitotoseの方のOPでさよみお姉さんがいる鎮海山砦。
能島村上水軍の砦。
この10分もかからないプチ登山で足のHPの大半が削られましたw
村上元吉の墓があるとのことでしたが、諦めたw
ちなみに砦からの眺望。
IMG_3729_convert_20120225204651.jpg

(続く)

竹原いろいろ巡り・其の五~山から海へ~

というわけで、鎮海山砦から下山。
上りで大きく消耗してしまったので、急な下りで踏ん張りが効かなくなってるのはちょっと危ない。

そして初詣先の磯宮八幡宮。
IMG_3730_convert_20120225204723.jpg
IMG_3736_convert_20120225204956.jpg
IMG_3740_convert_20120225205030.jpg
3枚目の画像、鳥居が2つあったりします。


IMG_3751_convert_20120225205109.jpg

海で痛フェリーの撮影。
ぽって
IMG_3753_convert_20120226000441.jpg

かおる
IMG_3757_convert_20120226000514.jpg

麻音
IMG_3759_convert_20120225205254.jpg

のりえ
IMG_3763_convert_20120225205342.jpg
角度的に無理だったのですw
これが最大限の悪あがきの成果、異論は認めないw

港の風景
IMG_3769_convert_20120225205429.jpg

(続く)

竹原いろいろ巡り・其の六~本当のおかえりなさい~

エデンの海
IMG_3782_convert_20120225205532.jpg
クラーケンはいませんw

というわけで、忠海の方までやってきました。
正真正銘、祖母の出身地。
「あなたが生まれた町に ふらりと旅に出てみました」

海沿いのカーブ
IMG_3786_convert_20120225205627.jpg

みかん!
IMG_3787_convert_20120225205657.jpg

それから、黒滝山へ。
IMG_3788_convert_20120225205732.jpg

江戸時代の燈籠
IMG_3791_convert_20120225205813.jpg


IMG_3800_convert_20120225210032.jpg
池の鯉を狙うものの、ネットに阻まれていました。

「たまゆら」ではここまで登りました。
IMG_3802_convert_20120225210109.jpg

ちょうど電車が…!
IMG_3792_convert_20120225205851.jpg

突き進むフェリー
IMG_3801_convert_20120225205959.jpg



それから竹原に戻りました。
ももねこ様。
格好は気にしてはいけない。
IMG_3809_convert_20120225210706.jpg


以上です。
本当はもっといろいろ案内してもらったのですが、気力、体力、足の筋肉痛の問題でここまでとさせていただきます。
アップできなかった聖地については、1人で「たまゆら」を見返してみてニヤニヤしときたいと思いますw
とにもかくにも友人に感謝です。
おかげで楽しく有意義な時間を過ごせました。

最後に、友人と話していて思ったこと。
だいたいの人は問題ないのでしょうが、マナーについて。
観光地ではありますが、アミューズメントパークではなく普通に人が暮らしているようなところ。
気を付けなければいけないなぁと。
僕もそういう気持ちはあってもそれに適った行動が取れているかというと自信はないんですけどね。
ただ、そんなだいそれたことでもなく、1人1人がちょっとずつ、周囲に気を配ることができればそれで大丈夫なのではないかと思います。
「たまゆら」は特に、登場人物が他の人のことを思いやる場面が多い作品ですから、それが好きで竹原を訪れる人にできないことではないはずなので。

2試合終えて

IMG_3525_convert_20120216173215.jpg

今日は髪を切り、マツダスタジアムにチケットを買いに行きました。
3月9日の社会人との試合のチケットです。
カープからどういうメンバーが出るのか、まだ予測できない部分が多いですね。
堂林を見たいような見たくないようなw

写真は、最近デジカメを購入したのでそれを使って撮影してみました。
そのまんまのサイズじゃアップできんかったよ…。
しかし、デジカメやら散髪やら、えらい勢いで給料が減っていったw
先月は正月休みもあったし、年の瀬に比べて忙しくなかったこともあって給料はあまり多くなかった…。
2月も日数が少ないから期待できそうもないですなぁ。



さて、タイトルの通り遅くなりましたが日ハム、阪神との練習試合を見ての感想。

まずは中崎、斉藤の両先発はいい感じ。
まあ斉藤はここで詰まるようでは困るのですがw
中崎は球質が重そうだし、なかなか度胸もありそう。
1軍レベルのバッターとの経験を積めば楽しみな存在。
斉藤はカーブを使えてたのがいいアクセントになってた印象。
もともとそれなりにまとまってるっぽいので、相手に嫌がられる部分が増えて幅が広がるのは期待できそうですね。

他にピッチャーでは中田廉。
なんかまとまってきたかなと思いました。
直球の威力が本来持ってるものになってくれば今シーズンの中継ぎとして期待できるのでは?

残念なのが中村恭平。
課題面を気にして長所が出せてないのかなと。
もっと思い切りよく投げて、課題はその上での話のはず。

打者では松山が好印象。
多少守備に目を瞑っても出番を与えたくなる打撃内容。
結果を出してるのは迎や會澤で、彼らも鋭いスイングをしてると思ったけど、使い続けて好結果を残すのは松山の方だろうなぁと思いました。

堂林は2試合目でようやくヒットが生まれましたね。
しかもタイムリー^^
1試合目より2試合目の方がスイングがよくなってた印象だけど、まだ打球に力が伝わりきってないなと思いました。
打ち方の問題なのか、単に相手バッテリーに崩されてるからなのかわかりませんが。
彼が1軍に残るにはバーデンという高い壁が…。
バーデンもニックとの兼ね合いでどうなることやらって感じですが。
しかし、ニックを使うなら松山を使えなかったり、この辺りの開幕1軍争いは注目ですね。
他にも小窪もいますし、堂林の場合、実戦の中で長打力を発揮できないと小窪の方が実績や信頼があるでしょうから、素質に対する期待は高くても今現在はなかなか厳しい状況。

そして、打者で残念なのが赤松。
練習試合の2試合とも出番を与えられましたが打撃では結果を残せず……。
梵の状態がわからないだけに機動力の面で彼が担う役割は大きいはずで、1番赤松で3番梵というオーダーにもそれが表れていたと思います。
機動力抜きで戦えるほどの打線は組めないでしょうから、赤松が打撃で結果を残すか、丸が走るか…。
梵が万全なら表面化する問題ではないのでしょうが…。
ともかく投手力は上がってきていると思うので、打力も機動力も含め攻撃面でどこまでやれるのかが今シーズンの順位に直結しそうですね。

他に注目はキャッチャーのポジション争いでしょうか。
パスボールの多さや打率など、これまで主力を張ってきた石原と倉に全幅の信頼は置けない状況。
今年もこのようなことが続くならすっぱりと若手にシフトした方がいいのではと思っています。
昨年のようにミスをするなら守備面では白濱でいいし、打撃なら會澤に機会を与えた方がいいでしょう。
個人的には見ていて安心できるので白濱推しですね。
まあ数年後、正捕手の座には磯村がなんてこともありえますがw

夕暮れの写真

何となく携帯で撮影した写真を見てみたら出てきた。
1年と2週間ほど前の尾道の夕暮れ。

Image331.jpg

Image333.jpg

Image336.jpg



最近は大戦略WEBのレベル上げはよくやってるけど、自分自身のレベルアップはすっかり疎かになってるなぁ。
この日思ったことを忘れないようにしないと!
プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。