スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまこラブストーリー

今日は映画「たまこラブストーリー」を見てきました。
公開から1月ほど経っているわけですが、広島ではこれでも早く見た方なのですw

この映画はアニメ「たまこまーけっと」の続編にあたるわけですが、こちらを見ていなくても楽しめるとのこと。
当時見ていた僕にはそれが本当のことなのかわかりませんがw
まあ、見ていた方が楽しめるというのは確かですけどね。

まずはタイトル。
「劇場版たまこまーけっと」とかいう類ではなく「たまこラブストーリー」と変更してあります。
もちろん「たまこまーけっと」の続編ではありますが、名前を変えてあるだけに別物という意識も持つべきかなと思いました。
単に続きを作りたかったのではなく、「たまこまーけっと」の舞台を使って何かやりたいことがあったんだろうと。
個人的にはド直球に「ラブストーリー」というタイトルにしたのは客寄せとしてはマイナスな印象を受けました。
しかし、逆にいえば何かしらの覚悟の表れみたいなものとも思いました。
「たまこまーけっと」ではもち蔵がたまこのことを好きなのですがまったくもって進展する雰囲気がなさそうだったのに、一転して「ラブストーリー」ですしね。
そして、実際に直球勝負な映画でした。
あらすじだけ聞いて面白いと思う人は少数だろうなという感じの平凡なストーリー。
変化球で目先を狂わせるようなことをせず、ひたすら直球で押してくるというのはかえって意表を突かれた気さえします。
まあ直球の質が高ければわかっていてもなかなか打者が打てないように、この映画も丁寧に作られていてそれぞれのシーンの質が高いのでそれでも面白いと思えます。
というかむしろ意外性がない分こちらもある程度受け入れる準備ができていて、じっくり鑑賞できる感じです。
絵が綺麗ですし、仕草や背景で上手に人物の内面を描いています。
ストーリーに起伏がないのは、そういう人物の内面と僕たち見る側が向き合うのに良い方向に作用していると思いました。
たまこ、もち蔵、友人たちや家族、商店街の人たちそれぞれいい味を出していて、性別や年齢などによってどこに重きを置いたり感情移入するかも違ってきそうなのがまた面白いところ。

具体的なエピソードについてはここでは書きません。
検索すれば1度見ただけの僕なんかが書くのより詳しいのが簡単に探しだせますし、ネタバレも嫌なので。
なので曖昧な感想になってしまって申し訳ないですが、古き良き青春映画みたいな匂いがありました。
僕は生まれる前の作品なのですが原田知世の「時をかける少女」がお気に入りで何度も見ているのですが、見終わった後の自分の心の中の感じが似ている感じがしました。(似ている作品だとはまったく思いませんが)
むしろこういうのは今時はアニメの方がいいのかもしれませんね。
アニメだからこそのこの丁寧な仕上がりで、この味わいが作り出されているのだと思いました。
スポンサーサイト

ドキプリ終了

プリキュアシリーズは全部が好きというわけではないのですがよく見ていて、先日最終回を迎えた「ドキドキ!プリキュア」も1年間楽しませていただきました。

他のアニメ等のパロディのネタが随所にあり、わかる人には楽しめたのでしょうが子供向けのものでそれ(彼らが生まれる前の時代のネタのパロディ)をやるのはネタが面白いとしても筋違いではないか?
という疑問を抱いたこともありましたが、それは見ていくうちに自分の中で解決。
「ドキドキ!プリキュア」において重要な要素であったのが育児。
主人公たちは常に愛情をもって赤ちゃんの「アイちゃん」に接していましたが、子供の視聴者には親に愛されているということ、大人の視聴者には子供へ愛情を注ぐことの尊さを示したかったのかなと思いました。
つまり、親子で見てもらいたいから大人を対象にしたネタも含めたと。
まあそれ以外の現金な狙いもあるんでしょうが、そこは一石二鳥または味よし道夫ということでw

それにしても、数が多いプリキュアは見ていてどうしても好きなキャラとそうでもないキャラが出来てくるのですが、今回は珍しくそういうこともなく、5人とも魅力が感じられたのが素晴らしいなと思いました。

2013憧憬の路

竹原の憧憬の路に行ってきました。
果たしてカテゴリがアニメでいいのか激しく疑問なのですが、昨年のがアニメになっていたので今年も。

ちなみに↓が昨年
http://gate3.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

竹原が舞台のアニメ「たまゆら」の聖地巡礼系は↓
http://gate3.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
これは長いのでいくつかに分けたのですがアップ時の都合上順序が逆になるようにアップされています。


まずはやってきたということで駅の写真をと思いましたが、考えることは皆同じなので割り込めそうもなくw
まあ初竹原ではないので必要ないですしね。

まずはまだ日が出てるうちにウロウロ。
ももねこ様カラーになった商店街。
IMG_4445 (800x533)

しかし、使われていないスペースもある模様。
「たまゆら」で増えた観光客にお金を落としてもらうだけでは厳しいか。
せっかく増えた観光客にアニメ云々ではない竹原本来の良さも知ってもらってリピーターになってもらう方向でどうにかならないものか。
日本酒とか日本酒とか日本酒とか。
IMG_4446 (800x533)

ももねこ様像。
ハロウィン仕様。
IMG_4447 (800x533)
IMG_4448 (800x533)

電線に被って見えにくい場所に鎮海山砦が見えます。
IMG_4449 (800x533)

道の駅にて。
とりあえず、かなえ先輩可愛い。
IMG_4452 (800x533)

町並み保存地区に到着。
定番のカット。
IMG_4455 (800x533)

竹鶴酒造。
大事な目的地の一つです。
IMG_4457 (800x533)

小京都っぽい感じを目指してみました。
IMG_4459 (800x533)

「たまゆら」の「ほぼろさん」のモデルになったお好み焼き屋さんの隣の醤油醸造所。
こっちは「たまゆら」の聖地ではないのですが、「時をかける少女」の聖地だったりします。
IMG_4461 (800x533)

普明閣。
下から。
IMG_4465 (800x533)
上から。
IMG_4466 (800x533)
海側を。
IMG_4467 (800x533)
柱で逆光を防ぐ作戦。
IMG_4469 (800x533)

かぐや姫?
IMG_4475 (800x533)


いよいよ点灯!
IMG_4481 (800x533) IMG_4483 (800x533)

IMG_4484 (800x533) IMG_4486 (800x533)

かぐやパンダ。可愛い。
IMG_4487 (800x533)

竹原やっさっさ流し踊りというらしい。
IMG_4489 (800x533)

碁盤!
IMG_4491 (800x533)

本格的に暗くなってきました。
もはやコメントは不要でしょう。
昨年ブレブレだったリベンジで三脚を導入してみました。
IMG_4490 (800x533) IMG_4492 (800x533)

IMG_4497 (800x533) IMG_4499 (800x533)

IMG_4500 (800x533) IMG_4503 (800x533)

IMG_4504 (800x533) IMG_4505 (800x533)

IMG_4509 (800x533) IMG_4511 (800x533)

IMG_4514 (800x533) IMG_4518 (800x533)

IMG_4523 (800x533) IMG_4524 (800x533)

IMG_4526 (800x533) IMG_4527 (800x533)

IMG_4531 (800x533) IMG_4532 (800x533)

IMG_4533 (800x533) IMG_4534 (800x533)


それにしても、これを書いてる今は足が痛いw
歩いた量も多かったかもしれませんが、お土産を早めに確保したために負担重量が増えたのも。
でも、アニメ好きの上司に約束したものがあったのと、今日は半休(ブレーブスではありません)をいただいたので同僚の仕事量を増やしてしまったこともあり、お土産無しは自分の中ではありえない話。
しかし、観光に来たのか日本酒の仕入れに来たのか筋トレに来たのかw

昨年もですが、今年も人が多かったです。
確か来週「たまゆら」のイベントでまた竹灯りをつけると聞いていたのでもっと分散するかと思っていたのですが、天候が良かったことも影響したのか、結果的に舐めてましたね^^;
まあええことよ。
通りすがりに、いわゆるオタクじゃなさそうな人(家族連れとか老夫婦とか)から「たまゆら」という単語が聞こえたことが何度かあったので、NHKで昼にやったのは効果があったのかもしれないですね。
ただ「たまゆら」の範疇だけで終わってしまうのはもったいない場所でもあります。
高校生が主役のアニメだけあって日本酒が出てこないですしw

たけはら憧憬の路

ちょうど1ヶ月ぶりの更新とあいなりました。
石井琢朗の引退やらドラフトやら、書くネタ自体はあったにも関わらず放置で申し訳ないです。
今月から仕事の環境が代わり気力がそちらに持っていかれましたね……。

さて、タイトルにもあるように竹原市の憧憬の路というイベントに行ってきました。
「たまゆら~hitotose~」の第7話のあれです。
僕は「たまゆら」に関してはキャラ萌えというよりも(もちろんみんな可愛くて好きですが)話自体が好きで、特に「時間の重ね方」が好きなのです。
作中によく出てくるのが主要キャラの思い出の話。
若い娘の話なのに結構後ろを振り返ってるんですよねw
と言っても昔はよかったとかそういうことではなく、「過去からの積み重ねで今があり、未来がある」というのがこの作品を通して感じた印象でした。
そういう意味では竹原というところは江戸時代の町並みを現代に残していますし、瀬戸内海は日本人に懐かしさを感じさせる(僕は瀬戸内で生まれ育っているので却ってよくわからないのですが)らしいのでここが作品の舞台になったもの必然性があるような気もします。
そして第7話は「過去から今」の集大成、いろいろありながらも時間を積み重ねてきたからこそのあの憧憬の路でしたね。
そして竹原は、僕の好きなもののうち、歴史、お酒、アニメとかなり重要な3つを満たしてくれるところでもあります。



まずは憧憬の路が始まる前から順を追って。
とその前に一言。
写真はできるだけ人の顔が写ったものは使わないよう心掛けてはいますが、人が多かったこともあり徹底しきれていません。
なので、人の顔については見ても忘れてくださいw
あと夜は撮影が難しくブレが酷いので、そこもご了承ください
写真については「憧憬の路」でググればもっと上手な人のが見つかるかなと思います。

IMG_4315_convert_20121028221915.jpg

IMG_4316_convert_20121028221624.jpg
前回2月に行ったときにはうまく撮れなかったラッピングフェリーのこちら側。
あのときのような障害物もなくちゃんと撮れました。

町並み保存地区へ移動して、
IMG_4324_convert_20121028223354.jpg
景観に合わせた消火栓。

ゴローちゃん!
IMG_4326_convert_20121028223529.jpg

IMG_4328_convert_20121028223608.jpg
ってなわけで、堀川醤油店。
原田知世主演の「時をかける少女」の堀川吾郎の家になったところです。
劇中では小火を出していました。
胡道の屋根瓦もだし歴史的なものを壊してる作品ですねぇw
尾道三部作として知られている「時をかける少女」ですが、その中身はかなり竹原だったりするのです。

そしてこの醤油店。
詳しい人はご存知でしょうし名前から察する人もいるでしょうが、「たまゆら」のほぼろさんの隣でもあります。
IMG_4329_convert_20121028223738.jpg

そこから向かい側にある西方寺へ向かう階段。
IMG_4333_convert_20121028223926.jpg
「たまゆら~hitotose~」のOPでもお馴染みですが、「時をかける少女」では原田知世の通学路でした。
上った先に人家があるのかどうかは気にしないw

IMG_4336_convert_20121028224019.jpg
そして西方寺の普明閣。

普明閣からの景色。
IMG_4345_convert_20121028224125.jpg
遠近を意識してみました。


この辺りで時間になり、「憧憬の路」が始まりました。
IMG_4353_convert_20121028224228.jpg

IMG_4356_convert_20121028224323.jpg

IMG_4357_convert_20121028224407.jpg
ガンバレ! 東北

IMG_4359_convert_20121028224446.jpg
ぽって幼少時の写真に写ってたトンネル。
光源は電気だったりw
IMG_4361_convert_20121028224519.jpg
まあ頭上に蝋燭があったらちょっと危なっかしいですからね。
ちなみにアニメでもちゃんと電球でした。細かい。

IMG_4371_convert_20121028224723.jpg

IMG_4375_convert_20121028224807.jpg

IMG_4376_convert_20121028224904.jpg

IMG_4383_convert_20121028225012.jpg
真ん中付近の長い竹筒、「たまゆら」って書いてあるんですよ。
どうだ、読めないだろーw

旧笠井邸に入りました。
IMG_4387_convert_20121028225212.jpg
さよみさん

IMG_4388_convert_20121028225256.jpg
今回の「憧憬の路」のポスターバージョンのぽって。
和服だからか妙に艶っぽい?w

IMG_4394_convert_20121028225422.jpg
旧笠井邸2階の床の穴。
建物はまだ修復中らしいです。

旧笠井邸をあとにして

IMG_4396_convert_20121028225629.jpg
「たまゆら~hitotose~」のOPに出てるやつですね。

名前を失念してしまいましたが竹原で1番古い建物とのこと。
江戸時代は本陣でもあり、広島藩の当主が竹原に来たときにはここに泊まっていました。
IMG_4402_convert_20121028225742.jpg
写真は殿様専用の門の外側から内部を撮影したもの。
今回に限り特別に門を開けていたらしく、来年来ても門は開いていないだろうとのこと。
それにしても「専用」っていい響きですねぇ。

そして、照蓮寺。
「たまゆら」の声優さんが来てトークショーをしていたのでその間は入れず。
トークショー終了後に入りました。
竹燈籠の飾り付けは見事でしたが、トークショー参加者は声優さん目当て。
そのためにこれが見れない時間帯が結構な間発生してしまうのはもったいない気がしました。
IMG_4410_convert_20121028225920.jpg

IMG_4412_convert_20121028225957.jpg

照蓮寺を出て
IMG_4418_convert_20121028230052.jpg

IMG_4419_convert_20121028230130.jpg


ブレが酷くて使える写真が限定されてしまったのが残念でした。
カープの試合のときはズームが欲しいなぁと思っていましたが、それよりは三脚を先に用意した方がいいかもしれませんね。


今回の竹原も前回同様、mixiに助けられました。
「憧憬の路」を見た後はコミュニティの人たちと飲み会。

IMG_4421_convert_20121028230318.jpg
ぽってのカメラ

IMG_4422_convert_20121028230350.jpg
OVAの最初に出てたカメラ


竹鶴も買えたし、いい旅でした(*´∀`*)
天気が心配だったというか実際に雨は降ったのですが、強い雨になったのは本当にわずかで、傘がなくても大丈夫な時間がほとんどだったのは助かりました。
今年は「たまゆら」の影響で特に人が多かったらしく、大勢の人の願いが通じたのかもしれませんね。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

そういうのいらないから

はい皆さん、パブリチェンコー。

昨夜はあんな時間にブログを更新したために睡眠時間がひどいことに……。
まあそれ自体は寝つきが悪いときと同じようなものなので乗り切れると思ってたんですが。

職場にあれ(「MOTHER2」的な意味で)が出現!
まあ殺しましたけどね。
元来は虫も殺せないタイプなので結構きつい。
これができないと1人で生きてくことなんてできないだろうと思うので、やるようにはなりましたが。
っていうか、殺すよりも後処理が嫌なんですよね(-_-;)

で、昨夜更新してた記事の内容のあのアニメを見てた人はわかると思いますが、ターニャというあれ(「MOTHER2」的な意味で)を操るキャラがいてですね、これがなかなかグロい……。
どうしても思い出してしまうために気力低下ですよw

睡眠不足&気力低下なので能率の悪いことと言ったらw
よりによって昨日の今日で出なくてもいいと思うんですがねぇ……。
こういう時だけ持ってる男みたいになるのとかいらないですから!

それにしても、あれ(「MOTHER2」的な意味で)は今年の夏だけで3匹目……。
これまでの数年の間ではたったの1回しか出現しなかったんですが……。
今年の1匹目は、ちょうど前日の夜にゲームのチャットで話題にしたばかりというこれまた狙ったようなタイミングで出現したんですが、見たくないならもうあれ(「MOTHER2」的な意味で)を話題にすることすらやめるのが賢明なんでしょうかねぇ。
プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。