スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ2015シーズン振り返り

ものすごく久しぶりに更新しますがw

兎にも角にもカープが残念ですね。
基本的にツイッターを使ってますがさすがに文字数的に無理なので今回はこちらで書こうかと。

優勝を期待されたシーズンでしたが結果はCSすら出られず4位。
まあ優勝については期待込みだったり、マエケンと黒田が揃うシーズンはおそらく今年だけなのでチャンスが今年しかないなど、多少下駄を履かせたうえでのものという人が多数派でしたでしょうが、それでもここまでダメな結果になると予想できた人はあまりいないでしょうね。


なぜこうなったのかについて、今更言うまでもなく監督でしょうね。
まずキャンプイン前から何かにつけて優勝と口に出し、当初は意気込みの現れという雰囲気でしたが黒田復帰後くらいから「優勝するぞ!」から「優勝できる」というようなニュアンスに変わっていった印象がありました。
結局これは余計なプレッシャーになっただけなのではと思います。

戦力については昨年より上がっていなければおかしい。
何しろ伸びしろの有る若い選手が多いうえに黒田復帰、新井も復帰当初は戦力として未知数でしたが層の厚さという点では大きいはずでした。
しかし、蓋を開けてみればこの結果。
怪我人については同情の余地もありますが、それだけで片付けられるレベルではないでしょう。
まず昨年についてはスタメンやベンチ入りの選手のみならず2軍の選手との入れ替えも含めて全員の力を使って戦えていた印象。
つまり手持ちの戦力を有効活用できなければ上記の上がり目も活きてこないわけです。
にも関わらず、今季の選手起用は監督が自分の信頼しているメンバーだけで野球をやろうとしているように見えました。
機動力野球を謳いながら赤松をなかなか1軍に上げなかったことがまず挙げられますね。
ある投手が何連投もしている一方で10日以上出番がない投手がいたりしたのも、試合展開上たまたまというだけではないでしょう。
九里はロングリリーフor敗戦処理という役割だったとはいえ開幕ローテを福井と争うほどの投手なので、場合によって登板過多のセットアッパーの代わりに投げさせることくらいできたはず。
長い目で見て負担を分散させるという観点に欠けていることや、客観的な能力の判断以上に信頼できるかできないかで選手の評価で差をつけてしまっているのだろうと思いました。
特に大瀬良については明らかに投げさせすぎで、ブルペン陣の運用の拙さが最後の試合で目に見える形となって現れたといえるでしょう。

野手は特に期待されていた選手の低調ぶりが目立ちました。
新井がいなければCS争いに加わることすら無理だったでしょう。
その新井も終盤になると前半の頃とは別人のようで、シーズン通して出続けるにはもうきついと言わざるをえない。
早めに休ませて調子を維持させるなどの配慮をすべきだったかなと思います。
丸や菊池は期待外れだし、打撃を買われて使われていた會澤も石原の方が打てているような有様。
相手が研究してきたというのもあるでしょうが……。
この辺り、揃いも揃ってとなると選手個人に責任がないとは言いませんが、キャンプでのチーム作りに問題があったと考える方が自然な気がします。
機動力を掲げ、練習もしているようでしたが実際は牽制で釣り出されてアウトになるシーンが目立ち、盗塁成功率も6割をわずかに超える程度。
何もしない方がマシなレベルでした。
あれだけ機動力を前面に押し出していたわけですから、仮に打撃面で多少成績が落ちたとしても盗塁や走塁でカバーできていなければおかしいのです。
それがむしろ足を引っ張っていたくらいの酷さなのですから、このチームはキャンプの間に一体何をしていたのかと疑問に思うのは当然でしょう。
また盗塁、走塁に関しては1塁と3塁のコーチも疑問。
昨年1塁コーチだった石井琢朗が3塁コーチになり、ランナーをホームまで走らせるかどうかの判断で不手際が目立ちました。
それが勝敗に直結した試合もありましたね。
それと盗塁の数字が昨年より悪化していたことと合わせると、早い段階で石井琢朗を1塁コーチに戻すべきだったでしょう。
盗塁の際に1塁コーチの影響がどれほどのものかはわかりませんが、少なくともこれでダメなら仕方ないと思えます。
守備もいい意味で目立ったのは堂林の上達ぶり(2軍でがんばったんでしょう、1軍ではなく)やルーキーの野間(ルーキーであれですから元から上手なんでしょう)あたりで、成長したなと思えるのは鈴木誠也くらい。一方、ショートのレギュラーの田中はエラーが多かった。
打撃以上に重視していた走塁や守備でこれですから、監督の采配が批判されているのをよく見かけますが、それ以前の段階で既に躓いていたのではないでしょうか。
挙句の果てに監督と打撃コーチの確執。
今シーズンの大事さはわかっているだろうに何をやっているのか……。

それと個人的に野間はもったいなかった。
守備走塁が既にあのレベルで、スイングも菊池のルーキーイヤーより余程良いと思います。
当初はスタメンにするつもりで1軍だったのでしょうが、それが苦しいとわかるとベンチ要員に。
この段階で2軍に落とすべきだったでしょうね。
やはり打席に立たせなければいけないです。
ルーキーのときの菊池を春先に2軍で見ましたが、2軍の投手の球ですら振り遅れ気味だったのが夏以降は1軍でもある程度やれるところまで対応できるようになっていました。
野間も少なくとも前半戦は2軍で打席に立たせるべきだったと思います。
後半戦では守備固めや代走として有用な野間は2軍に落とせない状況でした。
素質を見込んでいるなら尚更しっかりと段階を踏んで経験を積ませてあげることが大事なのではないでしょうか。
この辺り、選手を実力+期待で判断するのは普通だと思いますが、戸田の使い方といい緒方監督はその判断基準で期待の比重が高すぎると思います。
それが結果として、緒方野球が現状を把握できず理想を押し付けているように見えている要因かなと思います。

来季、(高の方がいいと思うのですが)また監督をやるというのなら、采配面での反省も必要ですが、チームの現状をしっかり把握して何が足らないのか何が必要なのか客観的に見つめなおし、それに自分がアジャストすること。
来季の編成があまり期待できない以上、これができないと暗黒時代待ったなしの可能性も決して少なくないと思います。
あと畝と幹英の役割を代えて欲しいです。
昨年と今年はノムケンが抜けて迎が入ったくらいの違いしかないのに役割は結構変わってるんですよね。
新しい仕事に慣れないといけない人があれだけいて、新人監督をサポートしながら優勝を目指せるコーチ陣だったのか……。
スポンサーサイト

ついに!

今日はついに黒田が対外試合で投げましたね!
僕は仕事があったのでリアルタイムでは最後の畠山の打席しか見ることができず、あとは映像で確認。
圧巻でしたねぇ。
ストライク先行でテンポ良く投げ込んでくるので打者としてはじっくりと見たり考えたりすることができず、また同じような軌道、球速から何種類かの違う変化球が来るので的を絞りにくく、しっかりとスイングするのも難しそうでした。
効率良く打者を打ち取る投球術はメジャーでローテを守り続けることの凄さの一旦を示したものだと思いました。

そして九里。
僕は九里を推しているので、先日の練習試合に続く好投は嬉しい限り。
その練習試合後のコメントで相手に向かっていけるようになってきたという旨の発言をしていたので、フォームという自分の中の問題に目処が付いて、相手打者との戦いに集中できるようになったということでしょうかね。
そうなると持ち前の闘争心もぶつけていけるようになっていよいよ本領発揮かと期待したくなります。
多彩な変化球で狙いを外す投球ができれば少々コントロールがズレても抑えられますし、黒田に比較的近い投球スタイルだと思うので良いところを吸収して飛躍して欲しいです。
キャッチャーの會澤も黒田の投球から学んだことを流用しやすい投手なわけですからうまくリードして欲しいですね。
個人的にはいつ崩れるか不安な福井より九里をローテで見たいかな。

他には飯田。
先日の社会人戦よりも相手に向かっていけてると感じました。
あの時はアマチュア相手ということで抑えないといけないという気持ちが強すぎて空回りしていたのかも?
年間通してとなるとまだ不安の方が大きいですが、今日のような感じなら左キラーとして現状1番手ですかね。
今のところは野手のミスが目立っていますがやはりシーズンを戦いぬくうえでの不安材料は中継ぎ陣の層だと思うので、飯田にはがんばってもらいたいです。

カープVSオール広島

今日はマツダスタジアムで、カープとオール広島(広島の社会人のオールスター)の試合を見に行きました。

写真はカメラが電池切れだったのでないですw

試合は5-5の引き分け。
プロがアマチュアに引き分けというのは……。
まあ実際そう簡単ではないのはわかってはいますが。
社会人から指名されてすぐプロで大活躍する選手がいるのですから、将来性を買われているような二軍の選手とではそれほど差があるわけじゃないんですよね。
とはいえ、3失点は岩見。
もう結果を出さないといけない時期の選手がこれでは……。
1失点ずつの藤井やベニテスとは立場が違うのです。

さて、まずは先発のジョンソン。
3回を無失点。
140km/h台後半のストレートで打者は押し込まれていました。
緩い変化球もあります。
ボールを連発するときがあるのは不安ですが、基本的に低めに投げれていましたしフォームも打ちにくそう。
期待したいですね。

続いて今村。
1回を無失点。
さすがにここでは格が違うといった投球でしたが、球速はまだまだ。
コントロールも良いときに比べるとやや落ちるかなと。
気温の上昇とともに調子が上がってくれば……。

さて、飯田。
1回を投げて無死満塁のピンチを招きながら無失点。
投球練習を見た瞬間はこれまで実戦で打たれているとは思えない好投手に見えました。
フォームが綺麗で投げっぷりもいいです。
ただ、だからといって打者を討ち取れるかどうかとなると別問題だったということなんですね。
球威不足で、しかもそれは体格的に今後も大きく改善するとも思えない部分。
しかし、全体的に欠点は少なそうなので配球を工夫するとか強力な決め球を持つとか何かしらストロングポイントを作ることができれば十分に使える中継ぎになるかなと感じました。

他は佐藤祥万。
1回を無失点。
こちらも左の中継ぎとして期待されていますが、結果は良かったものの、1軍で通用する内容だっかかと問われると頷きにくかった印象。
左の中継ぎ候補はどれも決め手に欠ける感じで、調子がいいのを取っ替え引っ替えしていくしかないのかもしれませんね。


打者はまずは鈴木誠也。
ここではレベルが違うという感じの3安打。
しかし、走塁ミスは酷いものでした。
確実にセーフで3塁に行ける打球でしたが、スピードを緩めるほど余裕があったわけでもないのでスライディングするのが当然。
なぜスライディングせず挙句にオーバーランしてしまったのか……。

他に期待が持てる内容だったのは美間。
アウトでもいい打球があって、結果は1安打でしたが今後も楽しみだと思いました。

あとは上本。
今年も守備固めが主になるのでしょうが、打つ方も馬鹿にできないものを持っているという印象。
ただ盗塁は起用される場面を増やすためにももっと上手くなって欲しいところです。
スタメンの壁は厚いですが、実戦的でいい選手だと思っているのでいろんな場面で見てみたいです。

最後にルーキーの桒原。
高卒なので線の細さが目立ちましたが、ショートに入っての動きはエラーこそあったもののなかなかかなと思いました。
足が速そうなのもいいですし成長を楽しみにしたいです。

黒田復帰!

お久しぶりです。
随分と間が開いてしまいましたね。
書きたいことはありましたが結局書かずじまい。
しかし、黒田の復帰には驚きました。
というか寝てたところを母に起こされましたw
いやまあすごいですね。
うまく表現できなくてすごいとしか言いようがない感じです。
嬉しくて余市10年を買って飲みましたよw

まず日本に戻るならカープと言い続けて本当に戻ってきてくれたことが嬉しいです。
そして、21億のオファーを蹴って4億+出来高のカープを選んだというのもすごい。
命に関わる場合を除けば、この差額を受容できることってまず無いと思います。少なくとも自分には無理ですね。
まだアメリカで必要とされていて、ローテの中心を担える状態での復帰。
実績だけならともかく、現時点での能力も含めるとこのレベルの投手がアメリカから日本に来るのは今までになかったことではないでしょうか?
年齢や日本への再適応といった不安要素はありますが、期待せずにはいられません。
マエケンとの2枚看板はメジャーの球団と比較しても屈指のレベルと言っていいでしょう。
また、新井とは同時に出て行って同時に戻ってくるというのもドラマ性がありますね。

しかし、何年もやれるわけではないと悟ったからこその復帰ともいえるわけで、またマエケンも来季終了後はメジャーに行くと考えておいた方がいいでしょう。
この戦力は瞬間的なもので、カープが優勝を目指すには来季が勝負の年ということになります。
また黒田の決断に報いるためには、日米どちらでも経験できていない優勝しかないと思います。
ただ、さすがに黒田1人が加入したくらいで優勝できるほど甘くはないでしょう。
2枚看板に続く投手陣の奮起と野手の援護は不可欠ですし、本当の勝負はそういうところで決まったりするものです。
このタイミングだからこそ、他の選手は自分がカープを優勝させるんだという意気込みでやって欲しいと思います。

それにしても、背番号を空け続けてオファーも出し続けていた球団の姿勢はいいものですね。
選手が望んでもオファーがないと帰れませんし、帰る場所を用意してくれているというのは選手にとってありがたいものだと思います。
あと、出て行ったときとの環境の変化も大きいと僕は思っています。
当時と違い設備も整い上位になれる戦力でファンも増えました。
以前よりもやりがいのある状況のはず。
それと4億ですが、メジャーや日本の資金力のある球団ならもっと出せるにしても、昔のカープでは考えられなかった金額。
親会社のないカープがこういったお金の使い方ができるようになったのは収益が増えたからで、それはファンの消費によるものにほかなりません。
流行語にもなった「カープ女子」をニワカだと馬鹿にする人もいるようですが、こういった力も加わっての黒田復帰だと思うので一緒にカープを応援してくれて感謝したい気持ちです。(まあそもそも誰でも最初はニワカなのにそれを馬鹿にする方がどうかしてるとは思いますが)

来季は何試合スタジアムに行くのかわかりませんが、最低でも1試合は黒田が登板する日にマツダスタジアムに行きたいと思います!

とにかく勝て!

今夜はマツダスタジアムに行ってきました。
ヤクルト戦。

先発はヒース。
P9290117 (800x600)

石原は残念ですが、會澤と田中が帰ってきたのは戦力的にも雰囲気的にも大きいですね。
P9290118 (800x600)

試合はまず初回。
昨日と同じくノーアウト満塁のチャンスを作り、昨日とは違い先制。
ヤクルトの先発はナーブソンで、エルドレッドにとっては与し易いだろうと思っていましたがきっちり決めてくれました。
さらに次の打席ではホームラン。
エルドレッドが打てると2~4番がとてもいい形になりますね。

ヒースは立ち上がりは良さそうでしたが、5回を持たずに降板。
残念だったのはその前の4回裏の鈴木の打席。
表でヒースが苦しんでいた上に打席が回ってきた回だったので粘って休む時間を稼いで欲しいところでしたが、あっさり初球を打ってアウト。
まあこのせいで5回に打たれたとまでは思いません(さすがにそれ以前のレベル)が。
ちなみに、ヒース代えろというヤジと代えるなというヤジが同時に聞こえてて面白かったですw
中田はヒースの作ったピンチを見事抑えましたが、次の回で失点。
そもそも続投させたのが悪手だと思います。
勝つしか無い試合が続く以上使うなとは言えませんが、CSまで見据えるなら出来る限り温存させる必要がある投手。
ピンチを抑えた時点でスパッと代えるべきでした。
とにかく休養させて出来るだけ本調子に戻すよう配慮しなければならないと思います。
どうせ今の状態で続投させても他の投手を押しのけて使うほどのボールが投げられるわけでもないですし。
仮に6回の頭から江草を投げさせて点を取られたのが江草だったとしても、少なくとも僕は中田を続投させるべきだったとは絶対に言いません。

そして試合は7回裏、カープの大量得点で一気に決まった格好。
昨日は体調不良で出られなかったロサリオ、復帰即スタメンの田中のフィルダースチョイス、代打で登場した同じく復帰して初打席の會澤のホームランと、戻ってきた面々が大当たりしました。
野手に関してはこれでまだ戦えるという気になってきました。

問題は投手。
特に抑えですね。
ミコライオが2失点。
まあ5点差だったので多少の失点は勝敗に影響しませんが、こういう投球が続いていて最早あてになるとは言い難いですね。
非難するのは簡単ですが、しかし抑えから外すとしても代わりが務まる投手がいるのかと言われると……。
役割でいえば中崎をスライドさせるか、経験を買って永川にするかなど手がないわけではないですが、どれも自信は持てない感じ。
ミコライオと心中というのも同等の価値がある手として成立していると思います。
これに関してはどういう選択をしてどういう結果になっても責められないかな……。
野手に点差をつけてもらうくらいしか対処法はなさそうです。

まあそれでも勝ちは勝ち。
いい内容でも負けては元も子もないという時期です。
ベストを尽くしてあとはなるようになれです。
P9290126 (800x600)


話題の(?)田村スカウトの人形。
P9290122 (800x600)
競馬の角居調教師や僕の敬愛する将棋の渡辺明二冠に似ているとの声もw

席に戻るまでに溶けはじめてしまいましたがヘルメットのアイス。
まあアイスよりも器が目当てでしたがw
容器を野球のヘルメットにするアイデアは本当に素晴らしいと思っています。
P9290124 (800x600)
っていうか手が無駄に写り込んでてアイスの上部が見切れてますねw
プロフィール

轍 星下

Author:轍 星下
FC2ブログへようこそ!

最新記事
フリーエリア
クリックしていただけると嬉しいじゃなイカ^^

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。